Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-2014コクワブリード計画
コクワガタ愛好家の皆さんこんばんは(^ ^)
今日もサブかったですねぇ
夕方に所用にて山手を通過しましたら、なんと気温3℃!
風邪ひかないように気を付けましょう。

さて、かなり気の早い話ですが、
過去2年間のブリード結果から、2013-2014ブリードで大型コクワ成虫を羽化させる計画を考察いたします。
尚、これは夏季の温度管理がほとんどできない、ウチの飼育環境をベースとしていますので、エアコン管理や冷やし虫家での温度管理がソコソコできる方は、あまり参考にならないかもしれません。

ペアリングから割出時期 
 ↑ここ重要です!
ここを誤ると超早期羽化が多発します。
オオクワよりも1ヶ月遅れのスケジュールで、
・ペアリング 5月下旬
・産卵セット 6月上旬から3週間
・割り出し  7月中旬から下旬
コクワの幼虫割出は、初令ですと小さすぎてかなり苦労します(^_^;)
産卵セット投入から7週間程度置いてから、初令後期から2令割り出しを狙います。

飼育方法(餌)
菌糸ビン飼育とします。
オオクワ飼育と並行するならば、あえてマットを購入する手間を省き、オオクワ用の菌糸ブロックから必要分を転用します。また、添加剤の多い銘柄を使用した結果、♂個体で尻出の個体が出ましたので、極力添加剤の少ない銘柄を使用します。

交換サイクルと容器サイズ
これは、今年のブリードの結果も考慮して、最終決定しますが、先ずは、交換サイクルを、成長経過が観察でき、かつ精神衛生上も安心できる、3ヶ月ベースとします。
♂個体ですと幼虫最大体重が8gほどとなります。そうすると、500ml程度のボトルではチト小さいと思われますので、600~850mlサイズを使用します。(オオクワの♀と同じくらいのサイズですね。)
♀の場合は、500mlでいけると決め打ちします。
雌雄の判別は、オオクワと同じチ◯線で見極めることができますが、2令まででは判り辛いので、120mlプリンカップ→500ml→♂800ml・♀500mlのパターンの方法がベターでしょうか。

それなりの温度管理と羽化時期
秋から冬にかけて、温度が下がりすぎないよう20℃以上を維持し、2月に温度ショックをかけて、3月下旬から4月の羽化を目指します。
この羽化時期も意味があり、少し早い時期に持っていくことができると、羽化年に親虫として活躍してくれます。

目標体長
やはり、己に対し、程よいプレッシャーを掛けねばなりませぬ!
目標が明確で無ければ、自らの甘えに溺れてしまいます。
♂52㎜
♀34㎜
 ↑ビミョ~
これを目標とし、来期はより真面目に取り組んでみます。

さて、如何なることやら…
来年の自分が、今から楽しみでもあります(;一_一)
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
こんばんは!
タケセイヨウ | URL | 2012-11-16-Fri 03:00 [編集]
凄いですね!コクワも本格的な計画でブリードするんですね!
コクワで52は、かなり大きいサイズなのですか?
ギネス狙って下さい!
コクワガタ ギネス
桑名鷹 | URL | 2012-11-16-Fri 07:02 [編集]
おはようございます(^ ^)
コクワのギネスは、♂56.9㎜と♀36㎜台と記憶しております。私の技術では、まだまだでしょうが、少しでも近づけるよう、頑張ります(^_^)
この2年間は、一応の計画を立てていたんですが、オオクワブリードが本格化する季節に、コクワ放置気味になってましたので…
来年こそは、の思いです!

※コクワギネスの正確な体長は、♂56.6㎜、♀36.9㎜でした。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。