Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬温度へ
今年も残すところあと2週間ちょいになりました!

年内に片付けておきたい仕事やプライベート(家庭)やブリードは、無事に終えることができるのでしょうか?
毎年のことですが12月というだけで気忙しくなってしまいますね^^;


交換も終わりましたので、年内ブリードに関しては交換済みボトルの片付けと、早期羽化♀のフォロー、アプロ式超早期狙いの交換を数本残すのみとなりました!

早期羽化も10頭くらいは確認できましたので、2016年度ライン入りさせる♀のアタマ数は揃って来たようです。

アプロ式超早期羽化狙いは、♂の2本目はどのような温度帯で管理すれば良いのか?
ノープランで来ましたので、ここは成り行き任せで行くしかありません(苦笑)
♀は、間に合うのか??
やってる本人もかなり懐疑的な様相になって来ました。
まあ、予想するのはよそう!

来週には、ボトル洗浄まで全て終了させる計画なので、オオクワガタブリードは年内に概ね予定通り終了でしょう。

ブリード以外の事には…
アンタッチャブルでお願いします(苦笑)


さて表題の温度管理ですが、先週の土曜日(12月12日)に、一気に3℃下げまして冬温度へ移行させました。

例年は温度を下げる局面では1℃ずつ慎重に下げて行くやり方でしたが、キノコの発生確率を下げようと1日でぐいっと下げてみました。
まあ今年の冬は外気温が高いので、オイルヒーターの温度設定を3℃変えてもジリジリとしか下がらず、半日かかってなんとか3℃くらい下がった感じです。

言い換えると手抜き(゚o゚;;
温度上げるスケジュールから逆算すると、このタイミングで一気に行くしかありませんでした(苦笑)


加温(昇温)の方法も今シーズンは変更します。
冬温度を5週間感じさせて、1月16日(土)から週1℃のペースで上げて行きます。
じっくりといきます。
2月27日(土)に温度MAXに持っていき約1ヶ月間キープし、蛹化促進させます。

羽化は、4月中旬から下旬にピークを迎える計算です。最終が5月上旬のゴールデンウイーク明けを狙います。
幼虫期間は、10ヶ月~11ヶ月くらいになるでしょうか。

2016年度の幼虫投入開始は、5月20日~5月末を予定しているので、2015年度羽化個体の掘り出しも殆ど終えて、2016年度とはラップしないスケジュールです。


現在ブリードルーム内で気にかけていることは湿度です。
去年までのエアコン暖房からオイルヒーターへ変更して、どれくらい変わるのかということです。
去年は、湿度40%以上を維持するのに四苦八苦してましたから^^;

昨晩は、加湿用の濡れタオルを吊るしている環境で湿度が67%もありました。
ちょっと湿度が高過ぎる感じがしましたので、加湿を辞めて今朝確認しましたが、それでも64%もありました。

室外温度・湿度の影響やオイルヒーターがほとんど作動していないのも要因でしょうが、それにしても高過ぎる傾向ですね…
温度以上に湿度のコントロールは難しいように感じます。


最終ボトルからの暴れを少なくして、完品羽化率を上げることができるのでしょうか?

ブリーダーの管理次第ですので、これからはできるだけ邪魔をしないように心掛けてやって行きます(^^)
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

mind | URL | 2015-12-16-Wed 20:19 [編集]
こんばんは

>交換も終わりましたので

う~ん・・・

わかっていたこととは言え、早いっすね。

うちはこれからです。



mindさん こんばんは♪
桑名鷹 | URL | 2015-12-16-Wed 20:22 [編集]
> >交換も終わりましたので
>
> う~ん・・・
>
> わかっていたこととは言え、早いっすね。
>
> うちはこれからです。

今年の勝因?は、忘年会シーズンに突入する前に交換を終えたことです。
心おきなく飲んでます(苦笑)

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。