Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都へ ~菌糸ビン(空ビン)補強~
10月に入りまして最初の日曜日。
絶好の行楽日和となりました!

そんな時は、京都に行こう♪

ということで、mindさんのブリードルームがある京都市内の秘密基地へ朝9時にお邪魔させていただきました(笑)


ブリードルームも拝見させていただきました!

やはり広さの違いや、建屋(構造)の違いがありますね。
湿度がうちとは全然違いました。
木造の我が家は、まだ60%前後の湿度をキープしていますが、かなり違いますね。

人それぞれの環境の違いを知り、各々が最適な環境作りを心掛けるべきであると再認識しました。


さて、今日お邪魔させていただいた主たる目的は、これ。


オアシスL瓶(蜂蜜2000)の空ビン48本(4ケース)を格安(お友達価格)でお譲りいただきました。

3本目の♂用ボトルが不足しますので、とても助かります。

2本目で数本だけガラス瓶を使用していますが、一部の菌糸銘柄ではとても綺麗に菌糸がまわっています。
生き生きというのか、ピチピチとした感じですね(^^)
そのような理由もあり、詰め難いガラス瓶を最終ボトル用に20本くらいは使ってみようと思っていました。

さらにオアシスL瓶の蓋が、とても重要なポイントではないかと思います!

オアシスユーザーさんにはお馴染みかと思いますが、蓋の通気口はこのようになっています。



小さな穴が3つ。

松野さんが長年かけて行き着いた形状ですので、何らかの根拠があるのではないかと想像していますが、私にはよく分かりません^^;


ただ、私にわかるのは、菌糸の湿度をキープする上では、菌糸ボトル(ビン)上部の面積が少しでも小さい方が、保湿力が高いのではないかというくらいのことです。


仕上げ洗いをするのに、48本もあると奈良~京都間の往復の時間を要しましたが、mindさんが下洗いしてくれていてとても助かりました。

来月からの最終ボトルの菌糸詰めの準備がおおよそ整いました。
本当にありがとうございました。


このマツノさんのL瓶を使って、最終ボトルから87mmを超える個体を羽化させたいものです!

今更ですが、ボトルの材質は、クリア・PP・ガラスとそれぞれ一長一短ですが、最後に笑うのはどれなんでしょうね?

個人的には、菌糸銘柄によって合う合わないがあるように感じますが。
さて、どのような結果が出るのかは、来年の春まで楽しみにしておきましょう♪
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

mind | URL | 2015-10-04-Sun 20:54 [編集]
会長、こんばんは

今日は遠い・・・というほどでもないですか?

とにかくお疲れさまでした。

他のブリーダーさんにブリ部屋を見てもらうのは会長がで二人目ですが、色々と意見を聞けて良かったです。

湿度に関しては、あの後、直ぐに修正しました。

L瓶は横幅が無いのが良いです。同じ平面に少しでも多く置けますからね。

L瓶足りなくなったら、また言ってください。

直ぐに空き瓶がいっぱい出てきますから(笑)

こんばんは。
Gull | URL | 2015-10-04-Sun 22:51 [編集]
以前松野さんに三つ穴の事を聞きましたが空気の流れが良くなると仰ってました。
その時は良くわかりませんでしたが今はロジカルに理解できたのでこの穴でないとダメです。
こんばんは
庚午虫蔵 | URL | 2015-10-04-Sun 23:13 [編集]
GULLさんと同じく。
これより大穴の1400PPがダメで、これが良い理由は
明らかに菌糸の状態と幼虫の体重の乗りを意識したものだと。

3つ穴の強みは明らかに1400PPよりも結露しない。
空気の流れで被膜の再生が語れるのでしたら
行き着く先は通気口は出入り口があった方が良いと。

スクリューキャップのシール式タイペストよりも
押し込みキャップの挟み込み式タイペストが良いという
PP事情を考えると、菌糸が復旧できるように
ベストな給排気が必要に思えます。

おはようございます
シナンジュ改 | URL | 2015-10-05-Mon 08:30 [編集]
環境にも左右されますが、菌糸のコンディションをいつもベストに保たれるのはどのタイプがいいんでしょうね(苦笑)
大きく羽化するのは大体菌糸の状態が非常にいい瓶ですからね。
ちなみに860はクリア、865はPPです(笑)
mindさんこんばんは♪
桑名鷹 | URL | 2015-10-05-Mon 19:30 [編集]
朝早くから失礼しました。

> 他のブリーダーさんにブリ部屋を見てもらうのは会長がで二人目ですが、色々と意見を聞けて良かったです。
>
> 湿度に関しては、あの後、直ぐに修正しました。

今年は湿度に拘っていますので、また意見交換しましょう♪

> L瓶は横幅が無いのが良いです。同じ平面に少しでも多く置けますからね。
>
> L瓶足りなくなったら、また言ってください。
>
> 直ぐに空き瓶がいっぱい出てきますから(笑)

底面積が小さいのはメリットですね。
本数が増えてくるとスペースのやり繰りが大変ですから^^;

20本詰めるだけでもかなり根性要ります!
過去に自詰めで2本割ってますから、慎重にならざるを得ません。
PPとかクリアと比較すると、詰めるのに倍近い時間がかかるので、あまり増やせそうにありません(苦笑)
Gullさん こんばんは♪
桑名鷹 | URL | 2015-10-05-Mon 19:33 [編集]
> 以前松野さんに三つ穴の事を聞きましたが空気の流れが良くなると仰ってました。
> その時は良くわかりませんでしたが今はロジカルに理解できたのでこの穴でないとダメです。

虫蔵さんのコメントからも、入口と出口(吸気と排気)ということでしょうか。
あとの1つは、予備ですかね?
バランスを取る為でしょうか??

まだまだロジカルな思考が足りませんので、使ってみて勉強いたします。
庚午虫蔵さん こんばんは♪
桑名鷹 | URL | 2015-10-05-Mon 19:48 [編集]
> 3つ穴の強みは明らかに1400PPよりも結露しない。

ここなんですが、クリアボトルのスクリュータイプの蓋にタイペスト紙を挟んで使っていますが、おもいっきり結露してます。
通気口は、小さな穴3つですが(苦笑)

ガラス瓶は、昔から言われるように放熱効果が高いので、結露し難いのだと思います。
それと、菌糸の表面積が小さい事も、湿度が逃げるスペースが小さくなるので、好影響を及ぼしていると推測しています。

反面、1400の蓋の面積が広過ぎる為、外部との温度差の影響を受けることにより、結露しやすいのではないかと想像しています。
間違っていたら、また教えて下さい(^^)

> スクリューキャップのシール式タイペストよりも
> 押し込みキャップの挟み込み式タイペストが良いという

スクリュータイプのシール式のフィルターを取っ払ってタイペスト紙に交換して何本か試していますが、PPの挟み込みのタイプとの違いは、まだわかりません。

どちらも結露しまくってます^^;

違いが分かる男になれば、またブログに書いてみます。
シナンジュ改さん こんばんは♪
桑名鷹 | URL | 2015-10-05-Mon 19:54 [編集]
> 環境にも左右されますが、菌糸のコンディションをいつもベストに保たれるのはどのタイプがいいんでしょうね(苦笑)

菌糸自体の水分量により、ボトルの材質のマッチングが違うのではないかと想像していますが、論理的な裏付けはありません^^;

> 大きく羽化するのは大体菌糸の状態が非常にいい瓶ですからね。
> ちなみに860はクリア、865はPPです(笑)

うちの86.1はクリアでした。

最終ボトルは、観察したいのでガラス瓶がマッチすると、ストレスが少なく羽化シーンが観れると期待しています。


そうそう、mindさんのコメ返に書き忘れてしまいましたが…

オアシスに使われているタイペスト紙をmindさんの目を盗んで、コッソリ触診しました(笑)
厚みと柔らかさが分かったので、同じタイプのを入手してみます♪

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。