Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♂早期羽化の結果
ブリードの方は、温度も底まで下げましたので、特にやる事も無くなって来ました。
放置していたボトルを40本くらい洗浄し、少しブリードルームの片付けを進めました。
まだ40本近く残っている汚れボトルは、2月になってからボチボチと片付けます^^;

今日は、年始にオーダーしていた産卵木が届きました。
今年もDorcus roomさんのホダ木で行きますよ♪

こちらも去年同様、2月から3月にかけて下拵えの樹皮剥がしをして、4月下旬からの産卵セットに備えたいと思います。


ここからが本題ですが、1月7日に羽化しました実験的強制羽化♂の計測を行いました。

14NY06-12
2014年6月8日 WISH-A 800ml
2014年9月11日 WISH-A 1400ml 24.6g
2014年12月12日頃 蛹化
2015年1月7日 羽化


体長 76.5mm、頭幅 25.6mm

アナログノギスでの初計測写真です(^^)

幼虫時の頭幅がライン最小の11.8mmしかなく、小ぶりな個体を想像していましたが、検討した方ではないでしょうか?!

スタイルは好みでしたので、屋外で撮影してみました。

寒さで私もクワも身体の動きが鈍く、格好良く撮れませんでした。
頭を上げてくれないは、こっちは手がかじかんで…(涙)

取り立てて大きな訳ではありませんが、幼虫時の頭幅が物語るように、かなり細身ですね。
実物は、もう少し大顎がスラっとした感じに見えます。

さて、この実験的強制早期羽化に関して検証したかったのは、6番ラインがどの程度の成績になるかの先読みと、オオクワガタに不向きと言われたWISH-A(エノキタイプ)の結果を占う意味がありました。

6番ラインは、幼虫体重が平均して乗りませんでしたが、この個体が最小ならば、ラインとしてはそれほど悪くない(外れない)感じがします。
もちろん超大型を目指すラインとは言えませんが^^;

WISH-Aも、こちらも悪くないかと。
2本目が虫家の管理でしたので、菌糸の状態もしっとり感をキープ出来たようです。


この1頭だけの結果で早急な判断は危険ですが、ふと思った事があります。

投入から7ヶ月後でこのサイズが羽化してくるということから、血統が良いポテンシャルのある幼虫を使えば、投入から10ヶ月未満でも、82mmくらいまでは容易に羽化してくるのではないかと。

それよりも、幼虫のポテンシャルを最大限発揮できる幼虫期間に関しては、11ヶ月から12ヶ月くらいと云われることが多いようですが、これも本当なのでしょうか?
これもちょっと気になって来ました。

早期羽化♂に関しては、種親としての優位性は、今のところ顕著な情報がありませんが、♂を意図的に早期羽化させて、翌年のブリードに使うメリットがあれば、♀と同様にブリードの幅が広がるのかと漠然と考えていますが、どうなんでしょうね(・・?)

こんな事を考えていると、オフシーズンのブリードもなかなか楽しく過ごせそうです(笑)
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する
こんばんは。
mustar | URL | 2015-01-26-Mon 00:18 [編集]
♂の早期羽化個体はダイトウさんが今期使用していますね。
早期×早期で経過も良いようですが、早期羽化でもサイズが立派です。

♂早期羽化でも結果が出るようならサイクルが早まりますね。
こんばんは
rokuo | URL | 2015-01-26-Mon 01:56 [編集]
私も以前、13年2月に早期羽化した♂82.4mmを13年度に2♀に使いましたがダメで、14年度も2♀に使いましたが結局幼虫は採れませんでした。
ただの種無しだったようです(笑)
おはようございます。
トシクワ | URL | 2015-01-26-Mon 07:50 [編集]
早期羽化でサイズを狙うとなると、3月産卵とか
早目の産卵は有効かもしれませんね!
ただ、85mmを越える特大個体は厳しいように思います。
血統が良ければ小さくても♂の早期を使ってみるのも
面白いかもしれませんね(^^)
おはようございます♪
田舎っぺ。 | URL | 2015-01-26-Mon 08:49 [編集]
色々検証してみたくなりますよね♪
昨年は菌糸を試していましたので
ちょうどうちも今年は期間的なものを考えて
飼育してみようと思ってました(笑)
こんちは
Moucho | URL | 2015-01-26-Mon 10:45 [編集]
2年前に早期♂77ミリを2ライン使用しましたが、片方で39upの幼虫がでて、羽化不全でした。そのラインの♀は昨年健闘して、今でも大切にしています。

いいかもしれませんね(・ω・)ノ
こんにちは^^
masa | URL | 2015-01-26-Mon 13:16 [編集]
早期♂、早期♀に隠れがちですがもしかすると・・・・かもしれませんね。我が家は自然早期もでてないし使いようがないですけど(^_^;)

ただ、いたらいたでライン数に悩んじゃいますもんね。。幼虫飼育期間、これはホント正解が難しそうです。
こんばんはです。
Yuipapa | URL | 2015-01-26-Mon 17:35 [編集]
私見ですが、1年羽化と早期羽化で素質は変わらないのでは?と思います。
早生まれで大きくなる遺伝子が変化するとは・・・
1歩早く世代が進むことが有利かと思います。

自分も来季はGullさんからの♀(♂早期×♀早期)に一世代先に行ってくれないかと期待してます。
このラインの♂に体重が乗れば早期羽化させたいと思います。
こんばんは
ougo | URL | 2015-01-26-Mon 23:03 [編集]
強制早期で85とか出れば使ってみたいですね。♂幼虫のピークを超えて早期羽化させることを考えると・・・投入から9ヶ月ほど必要でしょうかね?成熟期間は個体差があるようですが、それも考えると厳しいですね~。

ピークまで持って行かなければいいのでしょうが、やっぱ大きく羽化した♂を使いたいですし、難しいなぁ・・・。
mustarさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 06:34 [編集]
> ♂の早期羽化個体はダイトウさんが今期使用していますね。
> 早期×早期で経過も良いようですが、早期羽化でもサイズが立派です。

この場合、早期♀の優位性が発揮されているという可能性がある為、早期♂が良いとは断言できません…
通常羽化♀を含む複数ラインの種♂として評価しないと難しい部分がありますね。

> ♂早期羽化でも結果が出るようならサイクルが早まりますね。

確かにサイクルが早まるという部分は、メリットがありますね(^^)
rokuoさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 06:37 [編集]
> 私も以前、13年2月に早期羽化した♂82.4mmを13年度に2♀に使いましたがダメで、14年度も2♀に使いましたが結局幼虫は採れませんでした。
> ただの種無しだったようです(笑)

早期♂は、成熟できずにタマタマ玉々が…?!
早期の82mmなら私も喜んで使います(^^)
トシクワさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 06:42 [編集]
> 早期羽化でサイズを狙うとなると、3月産卵とか
> 早目の産卵は有効かもしれませんね!
> ただ、85mmを越える特大個体は厳しいように思います。

ブリードスケジュールを前倒ししてということであれば、1年目は早期?になるかもしれませんが、2年目以降では、その意味での早期化は難しくなりますよね。

私の場合は、通常羽化で85mmを出すことが先決ですが^^;

田舎っぺ。さん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 06:46 [編集]
> 色々検証してみたくなりますよね♪
> 昨年は菌糸を試していましたので
> ちょうどうちも今年は期間的なものを考えて
> 飼育してみようと思ってました(笑)

温度や期間(日数)などは、ブリーダー各人のそれぞれの考えが反映される部分であり、何が正解なのかはなかなか分からなと思います。
ここを考えるのが楽しみのひとつとも言えますが(笑)

しかし、この記事を書いてからすっごく悩んでまして…
2015年ブリードのスケジュールを再検討しようかと^^;
Mouchoさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 06:51 [編集]
> 2年前に早期♂77ミリを2ライン使用しましたが、片方で39upの幼虫がでて、羽化不全でした。そのラインの♀は昨年健闘して、今でも大切にしています。

早期♂からの累代が上手くハマった事例ですね。

私も、大切にしたいライン・血統を残したいものです。
masaさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 06:56 [編集]
> 早期♂、早期♀に隠れがちですがもしかすると・・・・かもしれませんね。我が家は自然早期もでてないし使いようがないですけど(^_^;)

ウチも自然早期は、今シーズン出てません。
管理温度が低いんでしょうか?

> ただ、いたらいたでライン数に悩んじゃいますもんね。。幼虫飼育期間、これはホント正解が難しそうです。

BE-KUWAのギネス88.0mmの記事を読み返してみましたが、1本目投入から羽化までの期間は、10ヶ月半くらいの期間でした。
産地・血統・個体差などがありますが、この事実は大きいと思います。
Yuipapaさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 07:08 [編集]
> 私見ですが、1年羽化と早期羽化で素質は変わらないのでは?と思います。
> 早生まれで大きくなる遺伝子が変化するとは・・・
> 1歩早く世代が進むことが有利かと思います。

やはり累代(世代)を早められるというメリットですね(^^)

> 自分も来季はGullさんからの♀(♂早期×♀早期)に一世代先に行ってくれないかと期待してます。
> このラインの♂に体重が乗れば早期羽化させたいと思います。

♂の早期は、2015年は期待できる幼虫で試してみようかと思います(^^)
ougoさん おはようございます♪
桑名鷹 | URL | 2015-01-27-Tue 07:12 [編集]
> 強制早期で85とか出れば使ってみたいですね。♂幼虫のピークを超えて早期羽化させることを考えると・・・投入から9ヶ月ほど必要でしょうかね?成熟期間は個体差があるようですが、それも考えると厳しいですね~。

9ヶ月から10ヶ月くらいでしょうかね?
数こなさないと見えませんね。

自分に都合の良いブリードスケジュールを考えてみます(笑)

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。