Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにブリードの経過を書いてみよう♪
最近は、KOK王座決定戦や東西交流戦のネタばかりで、肝心の2015年度のブリードの状況について全然触れておりませんでした。

ブログもブリードも年を追う毎に新鮮さを失ってしまうのは、止むを得ない部分がありますが、情熱だけは誰にも負けまいと、今年も色々と試行錯誤しながら改善を進めています。


さて、タイトルにあるそのまんまの内容ですが、2015年度の幼虫が早いものは投入から70日以上経過しました。

食痕を見ると、ボチボチといった感じです。
菌糸ボトルの状態も、去年と比較すると良い感触を得ています。
去年が悪過ぎたということもありますが、幾つかの改善点が功を奏しているのではないかと期待しています。

首振り扇風機からサーキュレーターへ変更した事により、ラック前面にある菌糸ボトルにも直接風を当てないようにしました。

更に温度管理も、サーキュレーターの効果なのか、振れ幅が小さくなったようです。
ビークワのマサレッドさんの記事でも、あまり細かい温度管理をするよりも…というような記述もありましたので、そこを突き詰めることはやっていませんが、最近では設定温度の±0.5℃の中におさまっているようです(^^)

そして去年より劇的に良化したと感じるのは、湿度管理です。
去年は、湿度が80%や90%を超えるといった、とんでもないジメジメした環境で、遮光用の布にカビが生え、不快指数満点のブリードルームでした(°_°)

そこで今年は、温度以上に湿度をコントロールしようとあれこれ考えて、1本目の菌糸を詰め終わった時点から、除湿機を導入しております。
梅雨の季節を過ぎて、ここまでのところほぼ狙い通りの湿度を保つことが出来ています。

ブリードルームに入っても、爽やかな気持ちの良い空気を体感できます。
ジメっとさん、さらば~!


初っ端の5月16日に投入したボトルです。

ちょっと肩口のあたりに変色が見られますが、これより見栄えの悪いボトルは少ないです。

食痕から想像すると、11番と8番が良い感じです。
まあ、想像なので当たらない可能性が高いのですが^^;


あと3週間ほどで、2本目の交換がスタートします。
今はプラス思考で、良いことしか思い浮かびません!
今年は、どんな幼虫と対面出来るのでしょうか?!
う~ん♪交換が待ち遠しいですね(^^)
スポンサーサイト
東西交流戦&年間王座決定戦 詳細結果発表
前回の記事では第2回 関西大鍬形研鑽会 年間王座決定戦において、シナンジュ改さんが連覇を達成された報告をいたしました。

今回は、KOKメンバーの各トップ3個体の結果発表、合わせて半クワ倶楽部さんとの東西交流戦へのエントリーブリーダー・個体サイズの発表とさせていただきます!

半クワ倶楽部の代表であるトシクワさんとは、事前の打ち合わせにより、お互いの結果発表を同時刻に予約投稿にてエントリーアップする取り交わしが出来ております。
こうして記事を書いている時点では、最終的な交流戦の詳細結果は判明していないことになっております…^^;

尚、今回の発表結果におきましては、一部の個体を現認出来ておりませんが、東西交流戦へのエントリーには影響が無いことから、各ブリーダーの自己申告による情報を元にしておりますことをご了承下さい。

また、東西交流戦へ参加しておられないmasaさんの結果も、KOK年間王座決定戦においては記録されております。


サイズ、ブリーダー名、産地/血統、ライン/個体番号、親サイズ
の情報を順位毎にそれぞれ記しています。

※情報が一部欠落している部分はご容赦ください。



第3位から行きます♪

1.85.0mm gatch
能勢YG 14YGA304 83.0×53.0

2.84.5mm シナンジュ改
能勢YG 14NYA427 82.5×52.5

2.84.5mm アプロ
能勢YG 14-8 85.7×51.0

4.84.1mm mind
マツノ久留米 1401 82×53

5.83.9mm masa
マツノ久留米 14-14 83×53

6.83.0mm 桑名鷹
能勢YG 14NY21-03 85.1×52.0

7.81.0mm てばきち


昨年 久留米で85UPを2頭出したgatchさんが2年連続での85UPで、この時点ではトップ!
今年は能勢YGと2産地での85超えを達成されたところがバイテクニシャンですね(^^)

マツノ久留米派のmindさんもこの時点で84超え!







さあ続いて第2位!

1.85.2mm gatch
能勢YG 14YGC206 84.0×54.5

2.85.0mm アプロ
能勢YG 14-8 85.7×51.0

3.84.6mm シナンジュ改
能勢YG 14NYA127 82.5×52.5

4.84.2mm mind
マツノ久留米 1403 82×53

5.84.1mm masa
マツノ久留米 KU14-E-2 80×52

6.83.2mm てばきち

7.83.0mm 桑名鷹
能勢YG 14NY07-08 81.1×50.8


依然gatchさんがトップをキープ!
複数ラインでの85UP達成。

2番手は、見慣れた85を2年振りに作出されたアプロさんが浮上。

そしてもう一人のマツノ久留米派masaさんも初の84超え!!
ダメダメのイメージを植え付けていたmasaさんの陽動作戦にまんまと引っかかりました(笑)

この時点で桑名鷹 最下位(汗)

トップから最下位までが2.2mmの間にひしめき合うという、セリーグの順位争いを彷彿させる大混戦模様となって来ました(笑)












さあ!お待ちかねの
第1位

1.86.5mm シナンジュ改 CHAMP
能勢YG 14NYA422 82.5×52.5

2.86.2mm gatch
能勢YG 14YGD203 82.7×53.0

3.86.1mm 桑名鷹
能勢YG 14NY07-08 81.1×50.8

4.85.3mm アプロ
能勢YG 14-13 82.4×52.5

5.84.5mm mind
マツノ久留米 1401 82×53


ここまでの上位5頭(5名)が、東西交流戦エントリー対象となります!


6.84.3mm masa
マツノ久留米 KU14-M-7 82×51

7.83.9mm てばきち




さてさて如何でしたでしょうか?

上位3名が86UPを達成しましたが、87には程遠い結果に終わりました…

交流戦におきましては、半クワ倶楽部さんとの上位3名での対戦においては全敗=敗退が確定しました(>_<)

半クワ倶楽部の皆さんの結果が凄かった!
潔く負けを認めますm(_ _)m

交流戦では敗れはしましたが、参加した合計12名のブリーダーのほとんどが自己記録を更新されたようで、活気溢れる喜ばしい結果となりました!

半クワ倶楽部さんにおかれましては、実質3名(それ以上?)の方が87mmを達成され、KOKとの力の差を思い知らされる結果となりました。

来年は、今年の半クワ倶楽部さんに迫るハイレベルでの王座決定戦が展開されることを期待します。
また、2015年度(2016年羽化)KOK王座決定戦においては、86.5mm以下では、王座(CHAMP)認定無しの空位扱いをすることを検討しております。


最後にKOKの結果をまとめた画像を記録しておきます。



来年は↑の表は、全頭85以上の数値が入るように頑張りましょう♪


交流戦に参加いただきました皆さん、そしてブログにご訪問いただきました方々にも、改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。


2015年度の戦いも熱いスタートが切られております!

来年こそは87UPでのCHAMP奪取を真剣に目指し、精進していきます♪

【告知】まもなく東西交流戦&年間王座決定戦 結果発表
ただの告知内容につき、コメント欄は閉じさせていただきますm(_ _)m

半クワ倶楽部 代表のトシクワさんとの申し合わせにより、7月26日 0:00に双方の交流戦結果を公開することになりました。

関西大鍬形研鑽会の年間王座決定戦の各ブリーダートップ3個体についても合わせて結果発表をさせていただきます。

寝苦しい夜の納涼として、お楽しみ下さい(^^)
第2回 関西大鍬形研鑽会 王座決定戦 結果!
一昨日の台風の余波により、交通機関が乱れまくりの大阪にて、年に一度の熱い戦いが繰り広げられました!

主席者は、シナンジュ改さん、mindさん、アプロさん、gatchさん、rokuoさん、桑名鷹の6名

masaさんとてばきちさんのお二方は、残念ながら欠席となりましたが、事前に画像をお預かりしたり、LINEグループへの投稿を駆使して、上位3個体のサイズにて正々堂々競い合いました。

東西交流戦の都合上、詳細には触れませんが、全員が昨年よりサイズアップ・レベルアップをしていたようで、一年間のそれぞれの成長を感じさせるものでした。


結果は、


シナンジュ改さん 連覇!!
おめでとうございます\(^o^)/

また1年間、気持ち良くタダ飯食って下さい(笑)

CHAMPの特権である願い事も、ノーマルな内容でホッとしました(笑)
2016年度は、mindさん提案の「俺の一押し(推し?)ライン」の幼虫を会員から3頭ずつ献上するということになりましたが、シナンジュ改さんの剛腕で、うちの幼虫をでっかく羽化させてもらえるかと思うと、とてもありがたい願い事です。


個人的な感想ですが、トップ3個体のレベルが高かったrokuoさんとgatchさんのお二方は、見習うべき部分が多かったと感じました!
オープン参加のrokuoさんを除くと、gatchさんがMVB(モースト・ヴァリアブル・ブリーダー)かな?!
との印象を持ちました。

私の86.1mmは、サイズこそ及ばなかったものの、他の方のトップ個体と比較すると、やはりダントツの美形であると再認識して、ご満悦の一日となりました♪

今回も、真面目にブリードの話題が多く、とても有意義な総会であったと思います♪

来年こそは、打倒 シナンジュ改!
を合言葉に、全員がガツガツとCHAMPを目指して頑張りましょう!!

皆さんお疲れさまでした。
第2回 年間王座決定戦 Coming Soon♪



まずは一つ目の告知です。

ほとんどの方が目にされているかと思いますが、今年も品川がアツい!

NIGHT FOREST オオク輪in品川・2015
広げよう オオクワの輪!


開催は、9月26日(土)です。
詳細は、オオクワ界の名幹事チョネさんのHPかブログをご覧下さい(^^)

残念ながら私は参加できませんが、当日は、2本目交換のラストスパートで一人アツくなりたいと思います♪


ーー


さて台風11号が接近しておりますが、そんな折、運悪く九州への出張です^^;

移動中の新幹線からのエントリーUPです。
広島を通過しましたので、止まらずに九州まで行き着けそうです。
少し台風のスピードも早くなってきているようで、夜中のうちに抜けてくれると明日も問題なく帰れそうです^^;
いや、絶対に帰らないと不味いんです!!

といいますのも、明後日、7月18日(土)は、待ちに待った関西大鍬形研鑽会の第2回 年間王座決定戦(総会)が開催されます♪




第1回は、シナンジュ改さんが86.0mmでCHAMPの栄冠を奪取され、タダ飯の副賞を最大限活用し、幼虫体重と自己体重の増加に成功されました!

第2回の王座に輝くのは一体誰か?!

タダ飯以外のもう一つの特権、
NEW CHAMPの願い事は何か??

暴君誕生か?
ホンダ君に替わる新エース 宇佐美があらわれるのか?

今年もクワクワでドキドキワクワクさせていただきます♪

今回は、脅威の87UPを連発されている半クワ倶楽部さんとの東西交流戦も並行して開催しております都合上、KOKの王座決定戦の結果発表は、CHAMPの発表程度に留めさせていただきます。
KOKメンバー全員の結果は、交流戦の結果発表と兼ねさせていただきます。


画像提供:シナンジュ改さん

こんな事して遊んでみたいです(笑)
anchorageakさんからの里子幼虫ご紹介
一気に夏らしくなってきました!

エアコンの効いていない2階廊下(ブリードルーム前)で、汚れボトルの片付けをしてましたが、暑さでイってしまいそうになりました(汗)
室内でも熱中症対策が必要ですね。
汗だくで20本近くやっつけて、残りが10本となりました。
今月中には、綺麗なブリードルームを取り戻します!

余談ですが、毎年のようにブリード頭数を増やして行くと、2本目の詰め開始前に問題となるのが空ボトルの本数管理です。
800と1400がそれぞれ何本残っているのか?
空ボトルの在庫管理をちゃんとやっておかないと、詰める直前に慌てることになり兼ねませんので…
そう思っていたのですが、よくよく考えてみると、空ボトルの本数を数えるよりも、一度、我が家にある総ボトル本数をカウントしてしまえば、必然的に空ボトルの本数が計算出来る事に気付きました!
そこに至るまでに何年掛かったのだろう。やれやれ(苦笑)


ネタが前後しますが、
本日午前中に、お待ちかねのビークワ56号が届きました!
今回は、大型を目指すオオクワガタブリーダーにとっては読み応えのある記事が多かったですね♪
詳細は触れませんが、マサレッドさんの記事にいたく感動し、久しぶりに熱くなりました\(//∇//)\


最後にタイトルにある補強幼虫をご紹介させていただきます。
遅くなり失礼しておりましたが、今シーズンは数少ない補強幼虫ですので、血統表を添えてご紹介させていただきます。

本日は、「先祖の血筋を大事に守りたいクワカブ飼育」のブログでお馴染みのanchorageakさんから里子いただきました2ライン4頭です。

血統に拘りを持たれているanchorageakさんのブログにて、系統図が記載されておりますので、堂々とカンニングして自己流にアレンジした簡易版の血統表です。

16番ライン
anchorageakさん1Cライン


本家yasukongさん、anchorageakさん、Gullさん、ワイドカウさんなどの名だたるブリーダーさんからの血を継承しています。
anchorageakさんの名血統825490も含まれており、♂親が86.8mmもある期待のラインです。

17番ライン
anchorageakさん4Bライン


こちらの♀親は、ju-tsuさんから里帰りの個体とのことですが871系と825490の組み合わせの累代の相性も良いようですので、楽しみなラインとなっております。

改めてanchorageakさんにお礼を申し上げます。
結果でお応えできるように頑張ります!
2015年度 能勢YG血統表
今年はサボらずに早々に血統表を作成しました!

と言っても、簡易版で完成度が高くないと思いますが、取り急ぎ公開しました。

間違いがあるかと思いますので、お気付きの箇所は、ご指摘いただけますと幸いです。

昨年は、かなり作成が遅れた挙句、エクセルファイルにて公開という形態をとっておりましたが、スマホ(iPhone)から見てみると罫線が上手く表示されず、我ながらしっくりこない代物でした。

ということで、2014年度版も簡易versionに置き換えておきました。

詳細版は、個体をお譲りする場合に添付させていただくこととし、ブログの公開用は、大凡が分かる簡易版で大丈夫という判断です。

ちなみに、飼育管理表や血統表は、皆様に見ていただくというよりも、出先からiPhoneを使って自分自身で再確認してニヤニヤしたり、想像力を掻き立てたりすることが一番の用途となっています(o^^o)

血統表については、今更感じるのですが、作る意味がどれくらいあるのかという部分ですが、作って見て改めて気付くこともあるので、自己満ですが暫くは継続して行こうと思います♪

この勢いで、2016年度版も下書きを進めて行こうかと思う、今日この頃です(笑)

今回の簡易版も、ブラウザーによっては罫線が欠落して表示される部分もありますが、私のパソコンスキルではこれが精一杯ですので、ご了承下さいm(_ _)m
2015年度 菌糸内訳と能勢YG管理表UP!
前回、投入待ちの幼虫が残り2頭と記載しましたが…
その内の1頭が!
おちました(; ̄O ̄)

もう笑うしかありません(苦笑)

最後の最後で、ボトルが1本だけ余ってしまうかと思いきや、ここで救世主というべき幼虫が居ました。

12番ラインの投入漏れの2令後期幼虫が1頭残っておりまして、管理外でマット飼育をしようかと思っていました。
これを代打とし、本日2015年度の投入が全て終わりました。

前回の記事からの変更点は、
能勢YG
12番(15NY12) 22頭→23頭
15番(15NY15) 10頭→9頭
となりました。

桑名産の管理表も割出日を追記しアップデートし、能勢YGの管理表もUP致しました。

なるべく各ラインの使用菌糸銘柄を偏らさないように、ちまちまと投入しておりました。

管理表を見ても非常に分かり難いので、自己管理用に表にまとめました。



今年は、WISH-Aは使わない予定でしたが、飼育頭数増加により急遽既製品ボトルを購入しております。

割出日(基本的に卵での割り出し)と投入日をご覧いただくと、産卵ステージにおける散乱ぶりはご想像いただけるかと思います^^;

7月はクワ関係の作業もほとんどありませんので、残っている羽化ボトルの片付けとブリードルームの整理整頓を進めて、8月の菌糸詰めに備えたいと思います♪

補強ラインにつきましては、申し訳ありませんが、次回以降に詳細をご紹介させていただきます(^^)
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。