Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年度 ブリード頭数確定
長かった6月も今日で終わりです。

今年も半年が経過しようとしておりますが、オオクワブリーダーにとっては、やっと新年度に突入されたばかりの方が殆どではないでしょうか?

私もオオクワガタを始めてから5年目の夏を迎えようとしております。
とにかく今年の6月は…しんどかった(大汗)

繰り返しになりますが、産卵が下手過ぎて全く予定通りに事が運びませんでした!
もうクタクタのグダグダです^^;
いや、グダグダでクタクタかなのか?

ようやく一昨日の6月28日に数頭を菌糸ボトルへ投入し、投入待ちが残すところあと2頭となりました!
やっと落ち着きましたので、産卵セットの延セット回数を数えて見ました。

桑名産 4ライン
延セット回数 10セット

能勢YG 15ライン、内 欠番4ライン
延セット回数 51セット!

能勢YGはなんとイチロー選手の背番号まで行ってしまいました。
そうなるとヒットを量産してくれること間違いないでしょう♪
あっ!
でも単打よりも特大の一発が欲しいのが本音ですね(^^)


さて、トータル61セットを費やして搾り採ったライン別の頭数を備忘録を兼ねて記録しておきます(苦笑)


○桑名産 4ライン

1番(15KU01)
♂78.3(13KU01-19) ×♀51.3(13KU01-07)
10頭

2番(15KU02)
♂78.2(13KU01-17) ×♀50.4(13KU01-21)
11頭

5番(15KU05)
♂78.2(13KU01-17) ×♀50.6(13KU01-16)
7頭

3番(15KU03)
♂74.3(13KU02-10)×♀48.0(13KU02-13)
10頭

桑名産合計 38頭


○能勢YG

1番(15NY01)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀52.0(バナマロ氏 BM13-YG313 86.9同腹)
欠番

2番(15NY02)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀53.0(Gull氏 YG1306-17 87.8同腹)
欠番

3番(15NY03)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀52.5(14NY06-17)【♀早期羽化】
欠番

4番(15NY04)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀51.7(14NY09-01)【♀早期羽化】
12頭

5番(15NY05)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀50.2(14NY12-09/アプロ氏14年8番 85.0同腹)【♀早期羽化】
12頭

6番(15NY06)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀51.3(rokuo氏 YG14-2217)【♀早期羽化】rokuo氏コラボライン
21頭

13番(15NY13)
♂83.8(バナマロ氏 BM13-YG306 86.9同腹) × ♀50.9(14NY10-11)【♀早期羽化】
欠番

7番(15NY07)
♂82.0(shima1007氏 86.4同腹) ×♀53.3(waizu氏13番 85.2同腹)
10頭

8番(15NY08)
♂82.0(shima1007氏 86.4同腹) ×♀52.7(ガッタ氏 2013 G-②-A 85同腹)
17頭

9番(15NY09)
♂82.0(shima1007氏 86.4同腹) ×♀52.3(14NY18-01/シナンジュ改氏 14年A2)【♀早期羽化】
20頭

10番(15NY10)
♂82.0(shima1007氏 86.4同腹) ×♀50.2(14NY07-05 86.1同腹)【♀早期羽化】
19頭

11番(15NY11)
♂82.0(ワイドカウ氏 左顎88.0同腹) ×♀51.8(14NY17-02/waizu氏21番 87.4同腹)【♀早期羽化】
25頭

12番(15NY12)
♂82.0(ワイドカウ氏 左顎88.0同腹) ×♀52.0(14NY01-19 85.2同腹)【♀早期羽化】
22頭

14番(15NY14)
♂81.1(anchorageak氏 825490) ×♀51.1(14NY16-03/アプロ氏14年11番)【♀早期羽化】
17頭

15番(15NY15)
♂81.1(anchorageak氏 825490) ×♀50.8(13NY09-02) 【14NY07 2年目産卵 86.1同腹】
10頭

能勢YG自己ブリ 185頭

補強ライン(トレード・里子)
5ライン 17頭

能勢YG合計 202頭


総合計 240頭


桑名産の飼育管理表は、昨日UPしております。
能勢YGの飼育管理表も、近日中にUPする予定ですが、その時に補強ラインをご紹介させていただきます。
しばらくお待ち下さい(^^)
スポンサーサイト
2014年度 能勢YG 総括
恥ずかし気も無く、いや実はかなりお恥ずかしい結果でしたが早々に管理表を公開した能勢YGの総括です。


2014年度の目標は、自己ブリードから♂84.0mm、幼虫補強ラインから♂87.0mmの2つを掲げました!

結果は、自己ブリードからの一発♂86.1mmが出ましたので、自己ブリ目標は、何とかクリアしました。

しかしながら、幼虫補強ラインからは、暫定TOPとしてご紹介した21番【ガッタ氏 G-①-Cライン】の83.0mmが最大でした^^;
惜しむらくは、17 番【Waizu氏 21番ライン】の唯一の♂が、巨大な前蛹でおちてしまったことです。
本家waizuさんのところでは87.4を筆頭に好成績が出たラインなので2014年度における一番残念な個体でした。

目標に対する結果を評価するならば、一発は出たものの全体のアベレージももう一歩ということもあり、△と致します。


ライン別の結果は、飼育管理表をご覧いただけると明白ですが、簡単に触れておきます。


・1番(14NY01)ライン

幼虫時の頭幅もあり、それなりの体重の乗りを見せた個体がおりましたので、一番良い結果が出ると予想していたのが、見事に裏切られました。
裏切られたと言うよりも、私の飼育が下手だったんでしょう…(涙)

完品の最大は…81.3mm
翅パカの82.7は、蛹室の形状が悪く、救済しておけばと悔やまれる結果でした。

暴れあり、翅パカありと、最終ステージが難しいラインでしたが、幼虫トレード先のアプロさんが85UPを出してくれたましたので、救くわれました^^;

♂♀とも、来期の種親として数頭残します。


・4番(14NY04)ライン

不全が多く論外です。


・5番(14NY05)ライン

唯一のインラインでしたが、可もなく不可もなく…
健全なラインでした。


・6番(14NY06)ライン

5番と同じ種♂ですが、やはり違いが出ました。
♀は何頭か良い雰囲気の個体が出ました。
♂は大顎のひょろ長い82.2が出ましたので、種親候補とします。


・7番(14NY07)ライン

既報の通り唯一の当たりラインで、このラインが無かったらと想像するだけでも…
ありがとうございました(^^)


・9番(14NY09)ライン

準ギネス系の血を寄せに行ったのですが、かなり不味い結果でした。
♂は完品で羽化したのが1頭のみ。
♀も前蛹や蛹でおちる個体が続出し、遺伝的に良くない組み合わせをやってしまったようです。

早期♀を2015年度に投入していますが、どのような経過を辿るのか、興味津々です(汗)


・10番(14NY10)ライン

9番と同じ種♂ですが、こちらは健全なラインでした。
サイズは、至って平凡な結果となりました。


自己ブリード8ラインの中から、里子先を含めて2ラインから85超えが出ました!
85プロデュース打率は.250という結果です。
2015年度は、このプロデュース打率を上げたいですね♪
11ライン中4ラインから出すことを目指します!


さて、全体の総括として完品率をまとめてみました。
桑名産も一緒になっています。


恐るべし完品率の低さ!!
能勢は、61%しかありません(大汗)

こちらも2015年度は、80%以上に持って行きたいものです。


最後にサイズ別の分布と平凡平均をまとめた表です。


82を超えたのが7頭のみ!
とってもお寒い結果でした。
平均も80.0mmジャストと、今一歩どころではありませんでしたね(苦笑)

一発もイイけど、83から85をコンスタントに出せるようになると、レベルアップを実感出来るような気がします。

まだまだトップ集団には追いつけませんが、色々と勉強になった一年間でした。
結果は伴いませんでしたが、自分自身かなりのスキルアップが出来たと感じる部分もあり、2015年度は実践投入して更なるスパイラルアップを目指します!


そうそう、幼虫頭幅に関してですが、計測がかなり面倒ですが、今年も出来るだけやってみます♪

よく見てご覧(誤卵)
昨晩は、久しぶりのKOK(関西大鍬形研鑽会)のオフィシャルなオフ会でした。

来月に迫った、年間王座決定戦 総会のプレ的な要素や、完敗ムード濃厚な東西交流戦の経過をボヤきつつも、楽しいひと時を過ごしました(^^)

また、今回の集まりの主旨は、幼虫交換会ということもあり、私は5番ラインの孵化直前の卵を4個だけ、アプロさんに渡す為に持って行きました。
交換会の詳細な内容は、mindさんのブログにて記載されておりますので、そちらをご覧下さい。

この5番ラインは、
♂83.8mm × ♀50.2mm早期の組み合わせですが、♀はアプロさんの14年8番ラインの幼虫を昨年幼虫トレードで入手して、私が早期羽化させた個体です。

KOKではブリテクNO.1の呼び声が高いアプロさんが、同腹♂からサクッと85mmを出してくれましたので、このラインも後付けの付加価値が上がりました!

85mmの個体も持参いただき、ちゃんと現認しましたので、サイズも偽りありません。
どうも写真だけで判断すると、危険な事もあるように見聞きしますから、そこは念には念を入れて確認しておく方が良いのでしょう。


さて、日付けが変わりまして…

先ほど、持参した5番の残りのプリンカップの個数を数えると…??
何故か数が合わん(汗)


こんな感じで保管していたのですが、孵化直前の卵を選りすぐって持って行きました。

アレ?
写真を見て、お気付きになられましたか(苦笑)

6/11(割り出し日)
「NY05」と「NY15」

よく見てごらん~♪

ライン番号を間違えて、15番ラインのを1個持って行ってしまいました(爆)

この15番ラインは、14年7番ラインの2年目産卵のものです。
86.1同腹が、予定外の流出です!

まあ、アプロさんなら87UPで更に付加価値を上げてくれるのは間違いなし!
期待しておきましょう(笑)


また、mindさんからこんな素敵なものをいただきました。



スプーン大の反対側が平らになっている物です。

早速試しに放置していた1400mlボトルの菌糸カスを掘り出してみましたが、かなり便利です!!
とても良い物をいただきました。
ありがとうございます(^^)
2014年度 三重県桑名産オオクワガタ総括
あまりというのか全くと言っていいくらい、世間的には注目度の低い三重県桑名産オオクワガタの2014年度の総括です。

飼育管理表の数値が示す通り、結果は×でした(涙)

去年の78.3mm、78.2mmを越える79mm台の作出を目標としていましたが、78mm台にも届かず…

最大の77.0mmが3頭と、ドングリの背比べとなりました。

幼虫体重が桑名産初の30gを到達した14KU01-07には、とりわけ期待を抱いていましたが、なかなか成虫体長への反映は難しかったようです。

幼虫体重が乗っても、上手く吸収し切れなかったようですね。
尻の入りが遅い、腹ボテな個体になってしまいました。


将来に向けての派生ラインとして取り組みましたが、インライン累代の親子戻し交配は、あまり良くなかった印象です。

♀の1頭が51mmを超えましたので、この個体のみ種親として、2016年度シーズンに活躍してもらう予定とします。

2016年度は、今年使った種親 ♂78.3mmと78.2mmの再登板が確定ですね^^;

桑名産は、ブリーダーも少なく、大型産地でもありませんので、焦らずじっくりと向き合って、自分自身が納得できるところまではやってみます!


さて、2015年度は♂80mmを目標に掲げました。
1頭だけでは面白くないので、1番ラインと♂親の異なる2番又は5番の2ライン以上からゴロゴロと出てきて欲しいものです(^^)
2014年度終了! 飼育管理表更新
投入待ちの卵と孵化直後の幼虫を多数抱えておりますが、投入のちょっとした合間が出来ました。
掘り出しが遅れていた新成虫を確認し、2014年度の飼育管理表(桑名産・能勢YG)を更新しました。

飼育頭数もそれ程多くないので、事務処理くらいは、パワーブリーダーさんに負けないように頑張りました(^^)

2014年度の総括は、改めて記事にしたいと思います。


もう気分は2015年度と、ちょっとだけ2016年度の事も考えています。
プロフィール欄の目標も年度替りして、2015年度~2016年度の数値を掲げました!

2015年度の飼育頭数は、当初200頭を考えていました。
が、220くらいは行けるだろう。
もう少し…230までは^^;
ちょっと採れ過ぎてるけど、やりたいラインが多いから、240くらいは!

…もうヤケクソで、250頭行ったれ!!
という事になりそうです(苦笑)


2014年度と比べると、1.5倍くらいの頭数になりますが、目が行き届くのか?
まあ、やってみなくては分かりませんので、2015年度も色々と挑戦して行きます。

新しい試みとしましては、昨年の置場による飼育経過の違いを、レイアウト変更したニューブリードルームでも、より詳細に検証してみます!


ボトル置場マップ(下書き)


ニューブリードルームに、神棚は発生するのか?!
大いに期待して、検証してみます♪

産卵ステージ終了!
4月15日にスタートした、2015年の産卵ステージですが、先ほど、最終セットの割り出しを行い、辛く長い泥沼の闘いを終えました!



約2ヶ月間…


ホント長かった…(大汗)



桑名産は、早い段階で予定数を確保できる目処が経ちましたが、今年の能勢YGは、手強かった!


欠番は、4ライン出ました(苦笑)

1番、2番、3番と期待値の高い上位打線で、三者凡退です!!
そして、1番と2番の欠番濃厚の予想から、急遽投入した13番(83.8 × 14年10番早期)も、撃沈…

結局、♂83.8mm(86.9mm同腹)は、7♀とかけて、採れたのは3ラインのみ。
後半まで、1ラインしか採れていなかったところを、何とか挽回してくれたので助かりました。

5月の後半は、どうしても数が欲しいラインは、全体のキャパオーバー確定も、貪欲に採りに行きましたが、最終セットでの爆産・プチ爆産の返り討ちをくらいました(^_^;)

ヤフオクにもボチボチと出品しておりますが、以下のラインは余品が出る見通しです。
幼虫が不足してお困りの方、ご興味のある方、小さ目の♂親からのミラクルをお試しになりたい方は、遠慮無くお問い合わせ下さい。

見通しというのは、卵での割り出しを基本としており、まだ孵化していないものも多く、最終の頭数を確定するには至りませんので、その点は悪しからずご了承下さい。


余品予定ライン

15NY05
 83.8(86.9同腹)× 50.2(早期14年12番/アプロ氏14年8番 85.0同腹)

15NY06
 83.8(86.9同腹)× 51.3(早期 rokuo氏14年22番)コラボ rokuo氏承諾済

15NY10
 82.0(80系 86.4同腹)× 50.2(早期 14年7番 86.1同腹)

15NY11
 82.0(片顎88.0同腹)× 50.251.8(早期 14年17番/waizu氏21番 87.4同腹)

15NY12
 82.0(片顎88.0同腹)× 52.0(早期 14年1番 85.3同腹)

15NY14
 81.1(86.6同腹,86.1父)× 51.1(早期 14年16番/アプロ氏14年11番 82.7同腹)

15NY15
 81.1(86.6同腹)× 50.8(早期 13年9番)14NY07の2年目産卵 86.1同腹確定


去年の反省を踏まえて、採れないより、採れ過ぎて困る年になりました!
まあ、程度っちゅうもんがありますがねぇ…(汗)
かっつさんプレ着弾♪&2014年能勢YG7番ライン♂個体紹介
先日盛大に幕を閉じました、Green Style かっつさんの春のプレ企画ですが、主催者のかっつさん協賛の「旬のたけのこ詰め合わせ」に当選させていただき、本日着弾いたしました!


ぎっしり入ってます♪

早速、料理上手の(これ本当!)妻が、昼食に作ってくれました(^^)

煮物


汁物


そして、夕食には、
焼物


貧乏舌の私では、食レポが難しいのですが、シャキシャキ感が美味でした♪
妻曰く、味はヤングコーンに似てると言ってました。

家族全員で、美味しくいただきました。
本当にありがとうございました。


さて、そのかっつさんプレ繋がりですが、今年出た♂86.1mmの母親の個体は、よしくわさんから購入した幼虫を羽化させたのですが、そのきっかけとなったのが、2年前のかっつさんのプレでした。

よしくわさん協賛の能勢YG♀成虫に当選させていただき、そのついでに幼虫を購入したのが、今年の自己記録更新のきっかけとなりました。

そういう意味で、かっつさんは、縁結びのかっつ様です♪
来年は、86.1から幼虫が採れましたら、かっつさんプレに協賛させていただきます!!


かっつさんのご縁から幸運をもたらしてくれた2014年能勢YG7番ラインですが、♂が5頭しかおりませんので、全頭ご紹介させていただきます(^^)


個体体長の小さい順です。


14NY07-03

最終体重 22.6gから

体長:79.0mm
頭幅:26.3mm




14NY07-07

30.0g → 最終体重 26.6gから

体長:81.7mm
頭幅:27.8mm




14NY07-09

30.1g → 暴れ交換最終体重 25.4gから

体長:82.0mm
頭幅:27.9mm




14NY07-08

最終体重 30.2gから

体長:83.0mm
頭幅:27.9mm




14NY07-11

体長:86.1mm
頭幅:29.5mm


こんな感じです。
過去に経験したことのない優秀な成績でした。

全頭共通に言えることは、
・顎が長い
・スタイル・プロポーションが美しい
・幼虫体重の割りに、成虫体長が伸びる
ということです。

種親としては、86.1と83.0を残しますが、他の3頭は、販売させていただきます。

ブログご訪問者に特別のオプションプランをご用意しておりますので、ご興味のおありの方は、メールフォーム又は、非公開コメントより、お気軽にお問い合わせください(^^)

また、2014年7番ラインの♂親81.1mmを使った14番ライン、86.1mmの異腹ラインとなりますが、グリード産卵セットから♀がなかなか取り出せなかったため…
本日、爆産しているのが、発覚いたしました(汗)
現在卵ばかりですが、今月下旬以降の投入をお考えの方には、タイミングが良いと思いますので、こちらもご興味がありましたら、お問い合わせくださいm(_ _)m

後半爆産型につき、プリンカップが無くなりそうです(苦笑)
続きを読む
欠番を生じて福となす…のか? 同腹♀を増やしてみる♪
禍を転じて福となす

禍を転じて福と為すとは、自分の身にふりかかった災難や失敗を上手く利用して、逆に自分の有利になるよう工夫すること。

こんな諺がありますが、2015年度は、そうなりたいものです。

能勢YGラインですが、期待していた1番ラインが、欠番確定となりました(T_T)

♂83.8mm(86.9mm同腹) × ♀52.0mm(86.9mm同腹)
インライン

今シーズン能勢では唯一のインラインでしたが、儚くも散りました。

1ヶ月半の長きに渡る産卵セット期間では、ホダ木・カワラ材・グリードなどもトライしました。
また、私の経験や知識・想像力を駆使して、やれるだけの事はやってみましたが…完敗です。

また、2番ラインも、最終セット中ですが、こちらも未だ1個も採れておらず、欠番当確な状況です(大汗)

期待の1番と2番の欠番は、かなりショックな出来事ですが、全体の頭数を確保するべく、出番は無いだろうと予想していた予備♀2頭を急遽ライン入りさせました!


更に!

もう1ライン追加してみました♪

♂81.1mm(86.6mm同腹) × ♀50.8mm
2014年7番ライン、86.1mmが出たラインの2年目産卵に着手しております!!

86.1の誕生を確認する前に、14年7番は良い感触を得ていたため、5月中旬より2年目ペアリングを3日間行いました。

1クール目では、6個の卵が採れており、現在2クール目に入りました。



さて、なぜ故に2年目産卵に着手したのか?

この質問の答えは、
1.早期羽化♀の2年目産卵は、1年目と比較するとどのような違いを生じるのか?
2.♂が暴れずに羽化していたとすると、どのようなサイズが出たのか?
この2つの疑問点を解消させるのが、一つ目の目的です。

そして、タイトルに記しましたが、同腹♀を合法的に増やす目的があります。
合法的というと語弊があるかもしれませんが、嘘偽りの無い真っ当な方法です。

2年目産卵から、早期羽化♀を誕生させれば、年度違いの早期♀を用いた同腹インラインが組める!!

インラインの爆発力と早期羽化♀の爆発力が合体すると…

そんな破廉恥な妄想に陥りましたので、2016年度をも意識したラインとなります(笑)

去年は、3回セットで辛うじて11頭を採りました。
3回目に採れた4個の卵のうち、唯一孵化した1頭が86.1mmでした。
運とか縁を感じるラインです。


それもこれも、1番と2番が不調だった為、急遽仕込んだラインなのですが、
『欠番生じて福となす』
を実現したいものですね(^^)



前回ご紹介いたしました、GLOBALさんのブログに掲載された画像の使用承諾をいただきました。
プロフィールの画像として使用せていただきます。
GLOBALさん訪問♪
前回のブログ記事に多数のお祝いコメントをいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m

予想はしていたものの、タイトルの奇抜さも目を引いたのか、反響の大きさに正直なところ戸惑ってしまいました^^;
返コメも、誤字脱字の変コメが多数ありましたが、お許し下さい。

以後、本物のオオクワガタブリーダーとして、お笑い・下ネタ封印で襟を正してやって行こうと…(笑)


さて、前回ご紹介いたしました暫定86.1mmの個体の確認と測定をしていただこうと、菌糸WISHを販売されている大阪のGLOBALさんを訪問いたしました。

事前に伺う事はお伝えしていたのですが、予定より20分ほど早く入店しましたところ、すでにカメラがスタンバイされてました(汗)

挨拶もそこそこに、早速店長に見ていただきました(^^)

デカい。綺麗。
と、お褒めの言葉を頂きまして、ブリーダー冥利に尽きる経験をさせていただきました。


86.1mmで確定♪

非公式ではありますが、WISHのオオクワガタレコードだそうです!



また、waizuさんが87.4mmで自己記録を更新された21番(当家14NY17番ライン)ですが、同腹の♀で残念な翅パカ56mmUPが出ました。
WISH-A 800mlからWISH-KA 1400mlの2本返しで、特大個体を狙ったのが失敗だったようです。

この恥ずかしい個体も含めて、
GLOBALさんのブログに、ご紹介いただきました♪
まさか翅パカまで掲載されるとは…(汗)

86.1mmは、何枚も撮影いただき、とても綺麗な画像をアップいただきました。

日付が変わってしまいましたが、とてもよい記念の一日となりました(^^)
ありがとうございましたm(_ _)m

来年は、87mmUPを持参したいと心に強く思いました。


そうそう、mindさんとアプロさんも、ご同行いただいたのですが、アプロさんは、会うたびに口数が少なくなって行くと思ったのは、私だけでしょうか?

お二方、お疲れ様でした。
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。