Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛹化終盤と羽化ラッシュ!
早い方は、昨日からゴールデンウイークに突入されているようですが、私は29日から8連休です♪
気分だけは既にGWに突入しており、ガッツリとクワガタと向き合って行きます!
GW中には、羽化個体の掘り出しと、菌糸詰めも半分くらいは終わらせる予定です。


近況ですが、蛹化の遅れていた数頭が、全て前蛹となりました。
月内には、全頭蛹化となりそうです。

羽化の方は、♂が4頭確認できております。
♀は、15頭以上羽化してきました。

♂に関しては、羽化した個体の中には、大きなのはおりません。
また、蛹で見えているのも格段に大きなのは見当たりません(汗)
見えていない蛹に期待するしかありません!

5月の末には2014年度の結果が全て判明します。それまでは楽しみにしておきます(笑)

先週投入した、2015年度の産卵セットは、いきなり躓きました(大汗)
5セット中、まともに採れたのは1セットのみ!

今年は根拠のない自信を持ってスタートしましたが…
脆くも崩れ去りました。

幼虫を採らなければ始まりません!!
今から気合い入れ直して頑張ります。

スポンサーサイト
2015年度 為すべきこと
2015年度の目標や計画ですが、頭の中で考えていることを整理がてらまとめておきます。
一部の内容は、既存の記事と重複致しますことをご了承下さい。

今年の一番のテーマは、飼育環境の改善です。

棚の移動・増設、冷やし虫家の移動もあり、環境が大きく変わります。
我が家に神棚が誕生するのか?!
置場別の飼育データを綿密に取り、次年度以降に活かします。

設備面では、サーキュレーターの導入により、温度振れが小さくなると予想していますが、エアコン冷房運転での最適な設置場所を探してみます。

また、秋口までの高湿度環境を改善するべく、除湿機を導入します。
さらには2本目以降の暖房シーズンは、オイルヒーターを投入します!



オイルヒーターについては、先日から試運転中ですが、秋から冬の乾燥対策にも効果を発揮してくれるものと期待していますが、湿度が低くくなり過ぎる場合は、加湿器の投入も視野に入れておきます。

温度と湿度を上手くコントロールし、菌糸の状態を最適に保つことに全力を注ぎます。


スケジュール

既にスタートしていますが、念のため記しておきます。

・ペアリング(済)
3月24日~4月16日
基本3日間同居

・産卵セット(一部スタート)
4月15日~5月15日
基本1週間セットで、卵での割り出し。
頭数不足分は通常2サイクルまで。
どうしても採りたいラインのみ3サイクル。

・1本目投入
5月15日~6月12日
予備日程を含めて、1ヶ月弱の期間を設定。

・2本目投入
8月20日~9月10日
極力1本目を引っ張り、95日以上は保たせる。

・3本目投入
11月15日~12月10日
2本目も出来るだけ長く引っ張りたいが、菌糸の状態が悪くなる前に交換。
♀の暴れが出てれば、♂も早めに交換。

・温度ショック(昇温)
1月20日頃から開始
2月20日頃 温度ピーク26℃へ

・羽化ラッシュ狙い
4月15日頃(4月中旬)

・掘り出し
ゴールデンウイーク!

羽化・掘り出しから逆算して設定。
2016年度の投入前に、ひと段落させる。


菌糸

環境の違いを認識する為に、基本的には前年と同銘柄を使用

・神長きのこ園 S3 48本、S5 66本
・EXCEED CRAFT LEVIN-G-SP 43本
・グローバル大阪 WISH-KA 43本

合計 200本(頭)

桑名産も、S3とS5を初めて使用します!
さて、まともに喰えるんでしょうか?!


目標

「なすべきことなす」
松下幸之助氏やピーター・ドラッカーさんもこの言葉を残されています。

「なすべきことをなせ」ば、結果は自ずと後から付いて来るでしょう…





とはいえ、やはり明確な数値目標を掲げておいた方が、自分に程よくプレッシャーをかけることができますので、表明しておきます。


・桑名産

3ラインとも親虫超え
1番か2番のどちらかのラインから80mmUPを作出!


・能勢YG

何ライン採れるかわかりませんが、10ライン採れるとして、打率3割の3ラインから85mmUPを出す!

この目標を大きく下回るようであれば、大型オオクワガタのブリードには不向き(下手過ぎ)だということで、オオクワガタとの関係を見直すことにします!

大型オオクワガタからの…卒業中退(爆)

そんなことにならないように、楽しみつつも精一杯真面目に頑張ろう♪
産卵セット投入、ペアリング終了、そしてやっと羽化
一昨日の4月15日から、5ラインを産卵セットに投入しました。


例年と同じような感じです。
ブレンドマットに食痕を混ぜて、加水した産卵木に食痕をまぶして埋め込んでいます。

昨日の4月16日には、最終のペアリングを解除しました。
能勢YGの12ラインと桑名産の3ラインのペアリングが全て終了し、今年も事故なく無事に終えることができました。

あとは、全ての♀個体に受精していることを願うばかりです。


そして、待ちに待った今年最初の羽化ですが…

長かった!
というのか、遅かったですね(大汗)

3月23日に蛹化を確認していた♀の2頭ですが、先ほど帰宅して羽化を確認出来ました!


14NY01-22 ♀

蛹化確認後、25日でやっと羽化しました!!
あまりの遅さに、ひょっとして不全も頭によぎりましたが、無事に羽化してくれた。

♀の25日間は、長かったですねぇ^^;

ひとまず羽化個体を見れたので、今日は安心して眠りにつけます♪
おやすみなさい(^^)
桑名産ペアリングスタート
寒の戻りですね。
今日までは寒いようですが、明日の土曜日からは、少し春らしい気候になりそうです。

さて、2014年度の幼虫も、蛹化ラッシュを迎えております!
♂は、見える範囲では25頭の蛹化を確認しております。
1/3強といったところです。
見えていないのを含めると、半数くらいは蛹化したと思われます。
来週には、ほとんどの個体が蛹化しそうです。

蛹化の遅い個体の中で、桑名産初の30gを記録した14KU01-07の♂ですが、かなりデカい蛹室を作っておりまして、ようやくシワが入ったところです。
シワが入る前の時点では、幼虫の大きさも能勢YGに引けを取らない雰囲気がありました。

無事に羽化すれば!!
個人的にとても楽しみにしています(^^)


2015年度の桑名産のペアリングも昨晩よりスタートいたしました。

組み合わせは悩みましたね…^^;
13年1番ラインからの累代は、同じくらいのサイズの♂2頭を、どちらか1頭に絞り込むことが出来ず、2頭体制にしました。
また、♀も50mm超えの3頭からの選定が難しかったのですが、自分の直感を信じることにしました♪

2015年度の桑名産は、一応3ライン編成です。

15KU01ライン(2013年1番累代 インライン)
♂ 78.3mm(13KU01-13)
×
♀ 51.3mm(13KU01-07)

15KU02ライン(2013年1番累代 インライン)
♂ 78.2mm(13KU01-17)
×
♀ 50.4mm(13KU01-20)

15KU03ライン(2013年2番累代 インライン)
♂ 74.3mm(13KU02-10)
×
♀ 48.0mm(13KU02-13)

1番と2番の種親は全て同腹となりますが、上手く特徴が分かれてくれると、将来の血統作りが面白くなりそうです。
能勢YGだけでなく、桑名産も今年は頭数増量で挑みます♪
こちらもかなり楽しみだわ~(笑)
桜とレヴォーグ
今回は、クワネタが一切ありませんので、ご興味のある方のみご覧下さい(笑)


我が家(玄関前の公園)の桜

満開です♪


そして、

前回の計測時は、全長131.6mmだったレヴォーグですが…

約40日間で、

全長4690mmへ成長し、本日納車となりました。
ノギスでの計測は、行っておりません。
カタログ値です。

ガラスコーティングをサービスしてくれていました。
とても良い営業マンに当たりました(笑)
ありがとうございました。


桜とレヴォーグ

初乗りで、大阪和泉のコストコとららぽーへ行ってきました。

やはりアイサイト3は、素晴らしい!
ステアリングのスイッチが沢山あるので、覚えるまでは大変そうですが^^;

久しぶりに鼻面の長い車ですので、取り回しも慣れるまでは、気を付けて乗らなければ(笑)

走るのが楽しい車ですが、オオクワガタも忙しくなってきますので、ほどほどで楽しみます♪

ゼロから始めるオオクワガタ ブリード
先週から花粉症になりました。

夜眠れない日が多く、こんなにも辛いものとは知りませんでした(涙)
全国の花粉症持ちの皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


まず近況の小ネタ3連発です。

近況1 蛹化

先週後半に、♂の蛹化が始りました。
今週に入り、蛹化ラッシュです!
♂も10頭以上は蛹になっています。

GW期間中に、羽化ラッシュをむかえられそうです。


近況2 暴れ

少ないと思っていた♂の暴れが、後半追い上げで結構な数出てきております(涙)
数えるのを辞めました^^;
2014年度の振り返り時に、きっちり報告致します。


近況3 桜

うちの桜が、こちらも先週終わりに開花し、昨日あたりから丁度見頃をむかえました。
明るい時間帯で、写真を撮るタイミングが合わずに撮影出来ておりませんが、機会があれば、こちらでご紹介させていただきます。



さて、タイトルのゼロから始める…
ですが、2015年度は、飼育環境を一新します!

2月から構想を練っていました。

部屋の内寸と棚・設備類のサイズを全て計測し、いかに効率よくボトル類が設置出来るかを、真剣に考えました。

従来設置していたメインのA棚は、少頭数飼育時を前提として購入したもので、設置場所も当初は2階の廊下でした(笑)
棚板が少なく、耐荷重も限定されており、ボトル設置本数を増やすことができませんでした。
また、ブリードルームを設置してから、成り行きで増設したB棚も、限られたスペースに合わせての導入でしたので、こちらも棚板の大きさが満足できるものではありませんでした。

さらには、ブリードに関係無い本棚と机の持って行き場の確保も、長年に渡る課題ではありましたが、妻の再三にわたるイヤミ・お小言をサラリと聞き流し…
いや、ボロボロになるまで打たれながら、人間の集うスペースへの移動をどうにか終了いたしました。

今回新たにメタルラック3本を購入し、ボトル設置棚の総入れ替えを行いました!

3月29日から3日間掛かりのレイアウト変更でした(大汗)
4月1日 1時半頃に、どうにか新ブリードルームとして、スタート致しました。


新レイアウトの補足説明

新たに導入したラック(A棚~C棚)は、高さは異なりますが、棚板のサイズは、幅91.5cm×奥行46cmで全て共通です。
棚板1段当たり、800mlボトルは30本、1400mlボトルは19本設置可能です。
棚板間(高さ)のピッチは約23cmとし、蜂蜜2000タイプのガラス瓶も設置可能な高さとしています。


・A棚 7段中、6段使用

最上段(7段目)は、空箱等の置場としエアコンの風が直接ボトルに当たらないようにする。
800mlボトルで最大180本設置可能。


・B棚 6段(高さ156.5cm)+冷やし虫家

冷やし虫家をラック上段に乗せましたが、持ち上げた時に腰が砕けそうになりました(汗)
今回のレイアウト変更で一番危険な瞬間でした。
A棚と同じく800mlボトルで最大180本設置可能。


・C棚 2段

棚板をA棚とB棚へ流用したため、段数を組めず。
空ボトルや菌糸ブロックなどの箱物の置場用。


・D棚 4段(旧A棚)

左半分は、
種親成虫の置場、ペアリング場、産卵セット置場。
右半分は、
空ボトル等の置場。


・カラーボックス2個

備品類の置場・菌糸ブロック仮置場。


・E棚 5段(旧B棚)

ブリードルーム外、扉前に設置。
越冬時の成虫置場、マット類、事務用品・備品等の置場。


こんな感じです。


新レイアウト図


2階の廊下に山積みされていた段ボールも全て棚に収納しました。
家族全員から、通行の邪魔だと不評を買っておりましたが、これで我が家にも平和が戻ることでしょう(^^)

A棚とB棚で800mlボトルと1400mlボトル併用(2本目以降)でも、300本近く置ける計算です。

空ボトルや交換用の菌糸ボトルも、300本近くは置けるスペースが出来ました!

今年予定している200本なら、ストレスフリーでスタンバイ出来そうです♪


完全に片付いていませんが、入口付近からA棚とB棚を撮影

ボトルが汚いのはお許しを^^;

さて、これほどまでに配置を変更しましたので、ブリードルーム内の空気の流れも変わることでしょう。
従来の環境で把握していた部分は、ほぼリセットです!

そんな訳で、2015年度は、ゼロから始めるオオクワガタブリードとして、スタート致します。
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。