Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
72hours
4月26日に投入した3ラインの産卵セットをキッカリ72時間で解除しました。

NY1番(82.4 × 52.5)の状態は、

写真ではわかりにくいのですが、側面に齧った形跡があります。

そして、瀕死の状態であった♀52.2mmのNY2番(82.4 × 52.2)は、

おお!めっちゃ齧ってるやん。
奇跡の復活か?!
と、思いきやNY5番(82.5 × 51.6)の方でした(^^;;

そして、気をとりなおして、NY2番(82.4 × 52.2)は、

仰向けになって、昇天(T_T)
全く齧った形跡が、ありませんでした。
残念ながら、期待の♀が1頭おちてしまいましたが、他のラインで何とかカバーしてくれると良いのですが。

そして、割り出しの結果は!

NY1番(82.4 × 52.5)

3卵。

NY5番(82.5 × 51.6)

6卵。

2ラインから卵が採れましたので、ちょっとだけ安心しました(^^)
数日間、卵の様子を見守って行きます♪
スポンサーサイト
前蛹から蛹へ!
一昨日(4月26日)の記事を更新した直後に、冷やし虫家を覗くと…


撮影日:2014年4月27日(蛹化翌日)

期待の個体が、蛹化していました!
サナギではありますが、今までに見たことのない大きさです♪

4月18日の記事で、ご紹介しましたが、シワを確認したのが4月17日、蛹化を確認したのが4月26日ということで、皺入り10日後の蛹化となりました。

これまで、前蛹期間を殆ど記録していなかったので、今後は、注目の個体は出来るだけ詳細なデータを残して行こうと思ってます。

参考までに、前蛹期間の温度は、基本26℃で、25℃に下げた翌日に蛹化となりました。
現在の温度も25℃をキープしていますが、何れかのタイミングで、24℃まで下げた方が良いのかと思います。
正直、いつ下げたら良いのか、わかりませんが^^;

話題を変えて、昨日のクワ作業から(^^)
久しぶりに産卵木の樹皮剥がしを行いました。
作業方法を見直して、かなり時間短縮を図ることが出来ました!
5本を処理するのに40分で完了しまして、我ながらスキルアップしていると実感出来ました。
小さな事ですが、クワ作業の効率化を進めて、時間を短縮することは、家庭円満への第一歩かと(苦笑)

産卵木の処理が早く終わったので、昼食前に、珍しく長女と二人で、出掛けました。


一年の内、2週間くらいしか販売されない、幻のよもぎ餅を買いに行きました。

春木春陽堂というお店ですが、大阪ほんわかテレビ(読売テレビ)で、2年前に紹介された時は、とんでもない人集りでしたが、今年はかなり空いていました。


左:よもぎ大福、右:姫餅(よもぎ餅)

これを家族全員でいただき、GW前半は、今のところ家庭円満に推移していると信じています(笑)



好調な滑り出し♪
今日は8時からクワ作業をスタートしました。
昼食の1時間を挟んで、午後からも快調に作業が捗り、16時に終了しました。

7時間の作業内容は、以下の通りです。

・産卵セット解除後の♂個体をクリアスライダーに入れ替え
・産卵セットの仕込
・産卵木の加水
・産卵セット投入 3頭
・汚れボトルの洗浄 30本くらい
・ボトルの収納

予定していた作業は、滞りなく終了しました。
庭の雑草がジャングルと化していたので、引っこ抜いてから、ボトル洗浄もやりましたので、少しは家の役に立ったのでしょう。


ゴミ箱の上で日光浴をするカナヘビです。
雑草が生い茂る我が家の庭は、彼らにとっては、正にパラダイスであったのでしょう♪

さて、気になる産卵セットですが、本来はGWを明けてからの予定をしておりましたが、急遽変更しました。
NY2番ライン(82.4 × 52.2)の♀個体(アプロさん12年1番 85.7mm同腹)が激しく衰弱しております(涙)
ペアリング直後までは、エサの喰いも良かったのですが、先週からゼリーの喰いが悪く、動作も鈍くなって来ています。
産卵するくらいの体力が残っているようには見えないものの、彼女の命を継ぐむ本能にかけるしかありません!
何とか産んで欲しいですね。


写真右から、NY1番(82.4 × 52.5)、NY2番、NY5番(82.5 × 51.6)

4月26日 11:20に3セット同時に投入しました。
72時間後の4月29日 11:20に解除して、当日中に卵を割り出す予定です。
何個産んでくれるのか、3頭の♀達に頑張ってもらいたいですね(^^)

そして、クワ作業終了後は、プロ野球TV観戦。
最終回のダメ押し点を奪ったところでした!
タイガースも予想外に好調ですね。
今年のセントラルは4強2弱の構図で、面白いシーズンなりそうです♪
さあ!GWです♪
やっと4月の仕事が終わりました。
担当が少し変わって、受け持ちの領域が増えたので、毎日がドタバタでしたが(汗)

明日からは、年に3度しかない長期連休です。
会社のカレンダーでは、10連休もありますが、流石にそこまでは休めそうに無いのですが、暦通りくらいは休みを取れそうです。
前半は、空ボトルの洗浄を中心に、飼育部屋の片付けに追われつつも、今年度の産卵セットをお試しで組む予定です。
後半は、地元の桑名(多度)にて祭りがあるので、帰省します。
プチ親孝行になるのでしょうか?

ここのところ、皆さんのブログもあまりご訪問も出来ず、読み逃げ確信犯でしたが、この休み中は、じっくりと拝読させていただきます。

さあ!ゴールデンウイーク&クワライフを満喫します♪
コクワ♂ 自己記録更新…か?!
今日は、久しぶりに飼育部屋の片付けの時間が取れました。

前回の記事でも触れたコクワの♂も、その後もう一頭羽化して来たので、羽化直後ではありましたが、菌糸カスの片付けを兼ねて、早々に掘り出して見ました。

4月16日に羽化した個体は、サッとノギスを寄せてみると48~49mmくらいで、自己記録には届きそうにありませんでした。

もう一頭は、一昨日の4月18日に羽化したところでしたが、蛹室の位置が悪かったので、早く確認したかったんですよね。


ノギスを50mmに固定して近づけると…



13AW02-08 ♂
最大幼虫体重 6.9g
2014年4月18日 羽化

もの凄い尻出っぷりですが、上羽の先までで50mmを超えて、51mmくらいでしょうか(^^)

この様子ですと、お尻が完全に収まることは難しいと思いますが、取り敢えず自己記録更新となったようです。
10日後くらいには、計測をして出来るだけ大きな体長をお知らせしたいですね♪
やっとシワ
久しぶりに真面目なクワガタの記事を書きます。

2013年~2014年の幼虫の状況ですが、確認出来ている範囲では、先週からオオクワの♂の蛹化が始まりました。
我が家での蛹化・羽化の順番は、
1.コクワ♀
2.コクワ♂
3.オオクワ♀
4.オオクワ♂
となり、至ってノーマルな経過です。

ボトルの置場・高さも、蛹化時期に影響があることを今年は体感できているので、この辺りの経験値を今年度の飼育に抜かりなく活用したいと考えています。

上記の順番通りに、コクワ♀と♂の初陣が羽化して来ました。
写真が無くて申し訳ありませんが、♀は羽化3日後くらいに掘り出して、サッとノギスをあてた感じでは、32mmはキープ出来そうで、サイズはボチボチといったところですが、相変わらず尻出が…
ウチのコクワは、血統的に限界なのかも知れません。
今年の羽化が出揃ってから、今後のコクワ飼育を熟考してみます。

♂は一昨日羽化しましたので、近日中に掘り出してみます。
お尻が収まって、自己記録更新していると嬉しいのですが^^;

そんな中、遅れていた冷やし虫家内の期待の幼虫が!

13NY08-02 ♂ 幼虫体重32.0g

蛹室を作り出してから、シワが入るまでが長かった~(^^;;
虫家の温度を27℃まで再加温して、やっと蛹化ショックが入ったようです。

前蛹期間と蛹化期間のデータを取りつつ、5月下旬の羽化を心待ちにしたいと思います♪
関西オオクワ研究会
久しぶりのオフ会でした!

関西オオクワ研究会のヤブリンさん・オオクワッチさん、ありがとうございましたm(_ _)m

聞きたかったことや、聞きたくなかった事?、色々教えて頂ました(^^;;

最近、クワ業界でも話題のカラオケ採点にて…

関西の予選会では、ダントツの成績でヤブリンさんが勝ち上がりました!
全国大会出場に向け、更に歌声に磨きがかかることでしょう(^^)

オオクワッチさんも、美声を聞かせて下さいました♪


私は、歌は全くの結果で、お詫びに道頓堀を走って帰りました(^^;;


何のこっちゃ分からない記事ですが、記念に残しておきます♪


脱走~確保!ボチボチ蛹化
先週金曜日の出来事です。
帰宅して、いつものように飼育部屋に入り、温度を確認し、種親虫のゼリー交換を終え、部屋を出ようとした瞬間に、いつもと違う状態に気付きました…

ボトルを置いている最上段の棚にある、1400mlの♀幼虫が入ったボトルの蓋が開いているではないですか!

はて? なんでやろ??
思い当たる節が無く、蓋を完全に開けて中を確認してみると…(大汗)


ボトル底から連なる脱出孔らしき坑道が!!
ここでやっと気付いたんです!

脱走やん(・・;)

蛹化したのも、羽化したのも気付いていなかったんで、驚きましたね(苦笑)

時間も無く、簡単に探せるところは見回りましたが、その日は見つからず終いでした。

一夜明けて、土曜日の夜は、本格的な捜索活動に入りまして、運良く30分もかからずに身柄を確保しました!!
食べ終わったゼリーカップを入れていたゴミ袋にへばり付いてましたね^^;

本当に見つかって良かったです。
一歩間違えれば、ゴミ袋と一緒に野外放出=放虫となるところでした。

初対面がゴミ袋の上というのも、羽化個体との対面の感慨がまるでなかったんですが、とりあえず計測しました。


13NY06-03 ♀50.2mm

翌日には、ゼリーを喰ってましたので、年末~年始に早期羽化してたんでしょうね。

そんなバタバタがありましたが、週末に
2013年~2014年の幼虫のボトルを全頭確認しました。
去年より一週間位は加温時期を前倒ししたものの、蛹化へのステップが遅い感じですね。
コクワの♀と♂が半分以上蛹化、オオクワの♀が5頭くらいは蛹化しましたが、ちょっと反応が鈍いような(汗)
特に冷やし虫家の中のボトルは、イマイチの手応えですので、再度温度を上げました。
4月中に蛹化して、なんとか5月末までに羽化してくれないと、2014年度の幼虫が置けませんので、ちょっと焦ってきました(^^;;

間に合うのかなあ?
2014年度開幕と満開
昨日より、世間一般では年度かわりとなり2014年度がスタートしました。
先週末には、プロ野球も開幕し、阪神タイガースは…
東京ドーム3連戦で、あれだけ打たれてよく1勝できたもんです(苦笑)
昨日の新監督谷繁率いる中日ドラゴンズにも…
今年は1つの勝星の価値が、消費税以上に上がりそうな予感がします(^^;;

さて、我が家のオオクワガタ2014年度も、計画通りに3月30日よりペアリングを開始しました。

第一弾は、
♂82.4(アプロさん12年羽化) × ♀52.5(Dorcus黒王さん86mm同腹)

♂82.5(アプロさん12年3番) × ♀51.6(アプロさん12年3番)
同腹インライン

♂81.0(FORESTERさん) × ♀51.1(陸王さん83.3mm同腹)

以上の3ラインからの開幕です!
3泊4日の予定で今晩には、ペアリングを解除しますが、上手く交尾しているのかどうか。


写真下部に写っているのは、ペアリングセットに同居させた直後の♀51.1(陸王さん)。

このペアは、エサ皿の下で仲良く並んでいるのを確認していますので、大丈夫そうです。

残りの2ペアは確認出来ていないので、今宵様子を伺ってみます^^;

当分は成虫のゼリー交換とペアリングセット・解除しかやることがありませんが、怒涛の慌ただしいさになるだろう5月と6月に備えて、最低限の準備は怠らないようにしたいものです。

そして、我が家の桜も満開の時をむかえました♪

撮影日:2014年4月1日

毎年の事ながら、桜を見て春を実感します。
出来るだけ長く咲いていて欲しいですね(^^)



Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。