FC2ブログ
Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
最終補強
昨晩久しぶりにオオクワガタの成虫と幼虫を見ました(^_^;)

飼育部屋の温度チェック以外は、ほとんど放置状態といいますか、クワと戯れる時間が取れなかったのが現実です^^;
温度は、1月の終わりから16℃設定とし、2月25日の加温開始までは冬温度で引っ張ります。

さて本日の主題は、1月27日に到着しました今シーズン最終補強となる成虫のご紹介です♪

先祖の血筋を大事に守りたいクワカブ飼育のブログでおなじみのanchorageakさんから、オークションを通じてお譲りいただきました。


♂81.1mmと♀50.4mm
(親虫 ♂82.5mm × ♀49.0mm)

一昨年(2012年)に86.6mmが羽化した同腹のペアです!
2年目の2013年羽化個体でも、83mm以上が4頭も出ています。
このラインの特筆すべきところは、何と言っても還元率が良い♪

♂は、幼虫時最大体重25.7gから81.1mmで羽化しています。

一昨年と昨年も、この血統の♀を入手したくて、anchorageakさんに直接ご連絡もさせて頂きましたが、条件が合わず諦めていました。
今回、運良くお譲りいただき、本当に感謝しております。

♂81.1mm(頭幅28.0mm)

この個体を見た瞬間の印象は、顎が長い

この大顎の長さや還元率が、累代した個体に継承されるのか?
とても興味深く、楽しみでなりません。

リンク先&クワ友であります、トシクワさん、タケセイヨウさん、アプロさんも同腹の個体をお持ちです。
自分のブリテクがどんなレベルなのか?
同腹累代の幼虫・成虫を通じて、皆さんの飼育経過と比較検証出来るのも楽しみです(^^)

この2頭で、2014年の全てのライン編成が固まりました!
早くお披露目したいのですが、多忙過ぎて…

来週末までには、何とかライン発表したいと思います^^;
スポンサーサイト



Copyright © 2019 Hear the dorcus sing. all rights reserved.