Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年 桑名家重大ニュース
一段と寒くなりましたね。
年末年始を車で帰省・外出される方は、雪や道路の凍結にはくれぐれもご注意ください。

今日で、仕事納めとなりました。
なんとか今年一年、仕事を乗り切ってホッとしています♪
明日から6日間の連休は、クワ作業はほどほどで、大掃除や買い物などなど、普通のお父さんの役割に専念する予定です(^_^;)
あっ、年賀状も今から書かねば(大汗)

さて、毎年恒例となりました!
桑名家のこの1年を振り返る企画です♪

では、桑名鷹の独断と偏見で年間重大ニュースをご紹介しますが、ランキングには深い意味はありませんので、さらっと読み流していただけると幸いです(^^)


第7位
コクワガタ♂成虫 自己記録更新 !

プロフィール画像にもある個体ですが、49.7mmまで来ました。
来年羽化個体では、初の50mmUPが出るのか?!
とても楽しみにしています(^^)


第6位
オオクワガタ成虫 自己記録更新!

オオクワガタは、♂と♀どちらも自己記録を更新しました。
低いハードルでしたから、当然と言えますね^^;
川西産で♂が77.7mm、♀が53.6mmとなり、記録を更新できました。
能勢YG血統も♂77.0mmが出て、昨年の桑名産の76.0mmを上回ることができました。
もちろん、来年羽化は♂80mmを是が非でも達成したいと思っております♪


第5位
飼育部屋エアコン導入♪

エアコンを導入して、クソ暑い夏を無事に乗り越えることが出来ました!
昨年の冷やし虫家に続いて連続での設備投資となり、いよいよ本格的な温度管理ができる環境が整ってきました。
あとは、扱う私次第という事で、温度の振れを如何に小さく出来るのか、試行錯誤して行きます^^;
あとは、電気代と妻の機嫌の狭間に揺られながら、上手く乗り切れるかが勝敗のポイントとなります(^_^;)


第4位
Hear the dorcus sing 10,000HITS突破♪

ブログ Hear the dorcus singは、2012年11月の開設から1年1ヶ月を経過し、訪問カウンターが10,000の大台を超えました♪
これも、日頃ご訪問頂いております皆様、コメントを頂いております方々のおかげです。
改めまして、深くお礼申し上げます。
来年も、薄っぺらな内容の記事も恥ずかし気もなく公開して行きます(爆)
末長いお付き合いの程、重ねてお願いいたしますm(_ _)m


それでは、いよいよベスト3の発表です!


第3位
オオクワガタ(能勢YG血統) 飼育本格化♪

オオクワガタの幼虫飼育頭数が100頭を超えました。
ザッと昨年の2倍の規模になりました。
日本で一番飼育者が多いと思われるオオクワガタの血統、能勢YGに本格参戦致しました。
過去2年間は、幼虫を入手してのお試し期間でしたが、今シーズンは自己ブリード、複数ラインの幼虫の入手、来年の種親の補強と、自分なりには頑張ったつもりです♪
どのような結果となるのか、来年の羽化と幼虫の経過を、首を長くして待つことにしましょう(^^)




続きまして



第2位
オオクワガタ幼虫体重記録更新 初の30g達成♪

世間では、35g超えや40g超えが多数出現しているようですが、オオクワガタ飼育3年目にして、我が家でも、ようやく30g以上の幼虫を見ることが出来ました!
タケセイヨウさんからの里子が、記念すべき最初の出会いでしたが、その後、おおくわ80さん、よしくわさん、shima1007さん、そして自己ブリラインからも、合わせて5頭のご対面となりました。
やっと大型スタートラインに立ったようなレベルですが、着実に自己記録を更新していきたいですね。
これからも、精進いたします!




それでは、2013年の最後を飾るのは!



第1位
クワ友さん&ブロ友さんとの交流(ご対面)!


OOmoguaiさん、アプロさん、そしてマツノインセクトさんの20周年記念パーティーで20名以上の多数の方々との対面を果たすことが出来ました!

一年前はブログを始めたばかりで、オオクワガタ飼育はドップリ感も薄く、まさかこんな事になるとは!!

直接お会いして伺ったお話は、とても興味深い内容や面白い話題が満載で、楽しいひと時を過ごす事が出来ました(o^^o)

また、お会い出来きなくとも、電話、メール、LINEを介して、多数の方々との交流を深めることが出来ました♪
クワガタという共通の趣味を通じて、これほど親密なお付き合いに発展するとは、驚きつつも、おおいに楽しませていただきました!

お付き合いいただきました皆さん、今年一年お世話になりました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m


という事で、今年のブログ更新は、最後になりそうです。
2014年が、皆さんも私も、良い一年になる事を願っています♪


Hear the dorcus sing
桑名鷹
スポンサーサイト
コクワガタ 早期羽化結果
3本目のボトル交換は、♀を数頭残すところとなり、久しぶりに飼育部屋の片づけを行いました!
年末も近いこともあり、菌糸カスのゴミ出し準備と、汚れボトルの洗浄、床に散らばった菌糸カス・木くずの掃除で、結構時間が掛かりましたね。
ボトル洗浄は、いつの間にやら50本近くも溜まってました^^;
お昼前からやり出して、昼食と有馬記念観戦を挿み、夕方17時くらいまでやってました(大汗)

オルフェーヴルの完勝の走りを見て、感動しました。゚(゚^∀^゚)゚。
引退レースで、こんな圧勝を見せてくれるとは!
忘れられない1頭ですね。良い血統を次世代に残して欲しいものです(^^)


飼育部屋が見違えるようになり、とても清々しい気分です♪
少し早い年末大掃除ですが、クワ関係はこれで新年を迎えれられる体制が整いました。

早期狙いの♀ですが、オオクワは先週2頭が羽化し、現在3頭が蛹の状態です。
その内の1頭は、近日中に羽化しそうで、残りの2頭が1月中旬になりそうです。
来週には、羽化した2頭の計測を行います^^;

早期といえば、暫く記事も書いていなかったコクワガタですが、今年は意図せぬ早期羽化が多く出てしまっています。

13AW02-10
7月25日 1本目投入
11月20日 蛹化
12月13日 羽化


羽パカの32.5mm

蛹室の形状が拙かったのか、蛹化期間を低温で引っ張り過ぎたのか、コクワガタの♀では初めての羽パカです。無念!

13AW02-03
7月25日 1本目投入
11月18日 蛹化
12月11日 羽化


こちらは完品の32.4mm

ちょっとお尻が出てますが、上羽の先端までのサイズです。
来年の親虫候補ですね♪

2頭とも、飼育棚の上段に配置していたのですが、22℃~23℃くらいで蛹化スイッチが入ってしまったようです(^_^;)
コクワは難しいと、再認識しました!

毎度のことながら、コクワの♀の体長測定と写真撮影は難しいです(汗)
小さくて、ちょこまかと動きますからねぇ^^;
大きな♀を出せば、こんな苦労はいらないのでしょうか?
サイズは良かったので、同腹の個体に期待することにします♪
阿倍野 アプロさん リターンズ(塚田農場)
アプロさんに無理矢理誘われて行って来ました(大汗)
塚田農場 阿倍野店です!


湯川教授ばりのアプロさんです!
お店の「ゆか」ちゃんを口説いてました!!

そんなこんなで、楽しく飲み食いしました(^^)

おかげさまで、無事に昇格しました(笑)


鷹の文字が書けたので、酔ってない証拠となります(苦笑)

決して加藤鷹さんと混同しないように、お願いいたします(≧∀≦)ノ

お付き合い頂きました、アプロさん、並びに関西のオオクワガタブリーダーの皆さん、今年はありがとうございましたm(_ _)m

来年の新年会で、楽しくお会いしましょうぞ!
惑わしの能勢YG12番ライン^^;
舌の根も乾かぬ内に、とはこんな事を言うのでしょうか?

決して、某テレビ番組の矛盾めいたヤラセではありませんので、ご了解下さい(苦笑)

15日(日)と17日(火)で、残っていた自己ブリードラインの♂8頭の交換を終了いたしました。

ラスト7頭目から


13NY12-28
22.6g →30.0g

自己ブリ記録更新のジャスト30gです!
超えることなく、丁度の体重なのが謙虚な幼虫だと評価します^^;
ただし、ダニが付いてましたので、シャワーを浴びて、綺麗な身体で3本目に入っていただきました。

そして、オーラス前から


13NY12-29
27.8g →31.0g

やっと30g超えです!
世間の皆さんの35gとか40gとは、次元が異なりますが、私の中では納得の経過です♪

さて、今回ご紹介した12番ラインですが、♂13頭の内、5頭も暴れました(大汗)
今年の大暴れ大賞となり、菌糸・温度はたまたダニなど、様々な要因が考えられます。血統の要素が強いのかもしれませんが(^_^;)

30gを記録した幼虫は、ライン中の2本目最小体重でしたが、伸びてくれました。反対に、2本目体重の上位の幼虫ほど暴れる傾向があり、このラインの評価は、最終の羽化結果が出るまでは迂闊に判断出来ません。

3本目の暴れは厳禁で、無事の羽化を願っています♪
試練の時
やはり、12月は慌ただしく時が過ぎて行きます。

12月8日に3本目用の菌糸詰めが終了しました(汗)
これで来年の5月までは、菌糸詰めおさらばです!
この先、ボトルの不足が生じたら、潔く既製品を購入することとします。

前回ご紹介した3頭以外では、かなり厳しい経過となりました。
30g超えは、全く出ておりません(涙)
其れどころか、ダイエットしている幼虫が多数居ります。
毎晩疲れて帰宅し、数頭のボトル交換を楽しみにしていたのですが、ほとんど苦行と化しています(苦笑)

2本目交換時に、唯一30gを超えていた能勢13番(タケセイヨウさん里子)までも!

痛恨の一撃!

32.1g → 29.7g

写真を載せる気力すらありませんでした(^^;;

残りの交換も、♂は10頭を切りました。この中から、30g超えは出そうにありませんが、カウントダウンで、一頭ずつガン見して交換を進めて行きます^^;

能勢YGの自己ブリードラインは、温度・菌糸・親虫など、あらゆる要素が上手く行かなかった感じです。
この失敗の中から、どれだけの事を吸収出来るのかが、自己の成長の鍵となりますね。

この記事を書いていて、ふと数年前に聴いた講演会の話しを思い出しました!
「試練は、乗り越える為にある」
講師は、元プロ野球選手の桑田真澄さんでした。

うんうん♪
焦らずボチボチと頑張ります(笑)
3本目交換 前半戦
師走に入り、はや5日ですね^^;

先月抱えていた仕事上の最大の問題は、人手不足でした(大汗)
企業は人なり、と申しますが、先月末に良い人財に出会いましたので、最大の案件が解消されたと思います。
なんとか安心して年末を迎えられそうです(^^)

さて、オオクワガタの方ですが、8月中旬から9月上旬に2本目に投入した幼虫の交換を順次進めています。
全般的に、2本目の喰いは低調で、ボトル交換も引っ張れそうな感じも何本もありましたが、飼育スペースの都合から、交換と菌糸詰めを並行して行っていますので、3ヶ月の交換サイクルで強制的に交換となります(苦笑)

補強ラインから3頭だけ30g超えが出ました。

能勢YG7番ライン(♂83.0mm × ♀53.0mm おおくわ80さん)

31.0g
前回の27.0gから4.0gの増加です。

能勢YG9番ライン(♂82.0mm × ♀52.0mm よしくわさん)

30.6g
前回の29.1gから1.5gの微増です^^;

能勢YG8番ライン(♂85.1mm × ♀52.5mm shima1007さん)

32.0g
前回の26.2gから5.8gの増加です!

各ライン同じような体重が1頭ずつという事で、飼育温度が不味かった可能性が高いですね(涙)
来年は、温度の見直しが、課題となります。

ここでお披露目した3頭は、あと2gくらいは体重がのってくるのをイメージしてましたが…
まだまだ技術が伴っていない事を実感しました!

自己ブリードでは、桑名産1番以外は低調です(^^;;
後日、飼育管理表を更新して、ライン別の優劣を検証してみます。
自己ブリードラインでの30gUPの可能性があるのは、12番ラインしか残っていません(汗)
年末の後半戦で、大逆転があるのでしょうか?!

乞うご期待です(笑)
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。