Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロから始めるオオクワガタ ブリード
先週から花粉症になりました。

夜眠れない日が多く、こんなにも辛いものとは知りませんでした(涙)
全国の花粉症持ちの皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


まず近況の小ネタ3連発です。

近況1 蛹化

先週後半に、♂の蛹化が始りました。
今週に入り、蛹化ラッシュです!
♂も10頭以上は蛹になっています。

GW期間中に、羽化ラッシュをむかえられそうです。


近況2 暴れ

少ないと思っていた♂の暴れが、後半追い上げで結構な数出てきております(涙)
数えるのを辞めました^^;
2014年度の振り返り時に、きっちり報告致します。


近況3 桜

うちの桜が、こちらも先週終わりに開花し、昨日あたりから丁度見頃をむかえました。
明るい時間帯で、写真を撮るタイミングが合わずに撮影出来ておりませんが、機会があれば、こちらでご紹介させていただきます。



さて、タイトルのゼロから始める…
ですが、2015年度は、飼育環境を一新します!

2月から構想を練っていました。

部屋の内寸と棚・設備類のサイズを全て計測し、いかに効率よくボトル類が設置出来るかを、真剣に考えました。

従来設置していたメインのA棚は、少頭数飼育時を前提として購入したもので、設置場所も当初は2階の廊下でした(笑)
棚板が少なく、耐荷重も限定されており、ボトル設置本数を増やすことができませんでした。
また、ブリードルームを設置してから、成り行きで増設したB棚も、限られたスペースに合わせての導入でしたので、こちらも棚板の大きさが満足できるものではありませんでした。

さらには、ブリードに関係無い本棚と机の持って行き場の確保も、長年に渡る課題ではありましたが、妻の再三にわたるイヤミ・お小言をサラリと聞き流し…
いや、ボロボロになるまで打たれながら、人間の集うスペースへの移動をどうにか終了いたしました。

今回新たにメタルラック3本を購入し、ボトル設置棚の総入れ替えを行いました!

3月29日から3日間掛かりのレイアウト変更でした(大汗)
4月1日 1時半頃に、どうにか新ブリードルームとして、スタート致しました。


新レイアウトの補足説明

新たに導入したラック(A棚~C棚)は、高さは異なりますが、棚板のサイズは、幅91.5cm×奥行46cmで全て共通です。
棚板1段当たり、800mlボトルは30本、1400mlボトルは19本設置可能です。
棚板間(高さ)のピッチは約23cmとし、蜂蜜2000タイプのガラス瓶も設置可能な高さとしています。


・A棚 7段中、6段使用

最上段(7段目)は、空箱等の置場としエアコンの風が直接ボトルに当たらないようにする。
800mlボトルで最大180本設置可能。


・B棚 6段(高さ156.5cm)+冷やし虫家

冷やし虫家をラック上段に乗せましたが、持ち上げた時に腰が砕けそうになりました(汗)
今回のレイアウト変更で一番危険な瞬間でした。
A棚と同じく800mlボトルで最大180本設置可能。


・C棚 2段

棚板をA棚とB棚へ流用したため、段数を組めず。
空ボトルや菌糸ブロックなどの箱物の置場用。


・D棚 4段(旧A棚)

左半分は、
種親成虫の置場、ペアリング場、産卵セット置場。
右半分は、
空ボトル等の置場。


・カラーボックス2個

備品類の置場・菌糸ブロック仮置場。


・E棚 5段(旧B棚)

ブリードルーム外、扉前に設置。
越冬時の成虫置場、マット類、事務用品・備品等の置場。


こんな感じです。


新レイアウト図


2階の廊下に山積みされていた段ボールも全て棚に収納しました。
家族全員から、通行の邪魔だと不評を買っておりましたが、これで我が家にも平和が戻ることでしょう(^^)

A棚とB棚で800mlボトルと1400mlボトル併用(2本目以降)でも、300本近く置ける計算です。

空ボトルや交換用の菌糸ボトルも、300本近くは置けるスペースが出来ました!

今年予定している200本なら、ストレスフリーでスタンバイ出来そうです♪


完全に片付いていませんが、入口付近からA棚とB棚を撮影

ボトルが汚いのはお許しを^^;

さて、これほどまでに配置を変更しましたので、ブリードルーム内の空気の流れも変わることでしょう。
従来の環境で把握していた部分は、ほぼリセットです!

そんな訳で、2015年度は、ゼロから始めるオオクワガタブリードとして、スタート致します。
スポンサーサイト
内側走るなよ(笑)
2月に入りました。
ヤフーニュースの見出しで気付きましたが、プロ野球もキャンプインですね。

去年の日本シリーズをネタにした激励が我らが阪神タイガースの西岡選手に向けられたようですが、今年は頑張ってもらいたいものです(笑)


さてブリードの方は、前回記事に関連して、少し早く能勢YGの種親の越冬を解除し、ブリードルームへ移動させました。
まだ18℃ですが、来週から徐々に温度を上げます。

桑名産の組み合わせは、それほど悩むことがありませんが、能勢YGは悩ましいですね^^;
今年は、大当たりラインを2ライン以上は出したいと思っています!
取れないラインもあると思い、とりあえず12ラインを考えています。
おおよその構想が固まりましたが、あと一週間くらいは再考したいと思います。

暦の上では間も無く立春です。
まだまだ寒い日が続きますが、一足早くブリードルームには春がやって来ます(^^)
楽しみな季節が近づいてますね♪
成虫管理(越冬準備)
台風19号が過ぎ去り、澄みきった空気になりました。
秋到来を感じさせられます。

先週から準備を進めていましたが、週間天気予報を見ると、最高気温が25℃を上回る予定がないことから、一昨日の日曜日(10月12日)に、全ての成虫を越冬準備体制に移行しました。

余談ですが、最近、優れた天気予報のアプリを見つけました(^^)
財団法人日本気象協会が提供するアプリですが、WEBページでも、同様の内容を知ることができます。
お住まいの市町村を登録しておくと、一時間単位での温度と湿度の実績と予報が見れます。


iPhoneの画面ですが、背景は、ポリスのシンクロニシティのジャケットです。
どうでもイイんですが^^;

アプリを起動すると、こんな感じです。

一日の温度変化は、従来から気にしていましたが、湿度の変化も凄く大きいことが分かってきました。
もちろん、室内環境とは異なりますが、菌糸の状態を良好に保つには、湿度もコントロールする必要があるのだと、うすうす感じてきました。

湿度管理は、今までモニタリングは行なっているものの、詳細な記録を残していないので、来年に向けて、少しでもデータを取っておこうかと考えています。


さて、本題の成虫管理ですが、特別な処置を施す訳でも無く、飼育部屋から、扉一枚隔てた廊下へ移動させただけです。
ちなみに去年の飼育ノートを見てみると、飼育部屋から廊下へ移動させたのが11月3日でした。

今年は3週間も早いのですが、私の体感温度から、それくらいで良しとしました。
しばらくは、廊下でゴソゴソとした音が聞こえてきますので、家族には不評ですが。

まあ、それくらいは許してよ…愛娘たち^^;
エアコン運転モード
交換済ボトルの洗浄をほとんど終え、飼育部屋の空間を少し取り戻しました(笑)

本日より、予定通り早期羽化予定の♀20頭と♂2頭を冷やし虫家に移動させました。

温度設定も秋温度というべき23℃へ下げました。
幼虫の管理は、11月下旬まであまりやることもなくなり、閑散期に入りますね。
季節も相まって、少し寂しく感じます。

今年の関西の夏は、気象ニュースでも報じられたように、冷夏でした。
その影響からか、この時期も、昨年と比較すると外気温が低いですね。秋が早くやってくるようです。

本日の予報は、最高気温が28℃、最低気温17℃と、一日の温度差が大きく、エアコン管理での温度振れに悩まさせる時期です^_^;
去年は、朝~夜までは冷房、夜~朝までは暖房または自動運転など、色々と試しましたが、なかなか調整が難しかったように記憶しています。

しかし、今週の初めから、最適な運転モードを見つけられたようです!

エアコンは、昨年の春に購入したパナソニック CS-J223Cという、6畳間用のリーズナブルなタイプです。



リモコンを触っていて、偶然発見した、『除湿弱』モードです♪

除湿モードは、何度か使ってみたことがありましたが、除湿モード時に、除湿ボタンを押すと、除湿弱モードに切り替わります。
取説をよく読んでなかったんですよね(苦笑)

除湿モードは、単純に湿度を下げる運転だと思っていましたが、その認識が間違っていたことに気付きました。

ネットで調べてみると、とても勉強になりました^^;
エアコンの機種により、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の二種類があり(高級機種には、二種類を供えたタイプもある)、うちのエアコンは、弱冷房除湿運転となります。
この弱冷房除湿は、簡単に言うと、除湿機能というより、ゆるやかな冷房運転モードです。実質的には、湿度を下げる運転ではありません。
湿度を下げるには、冷房運転で温度を下げた方が、効果が高いようです。

そんな運転モードなので、ゆるやかな冷房や暖房という感じで、温度差が少なくなったようです。
一日の温度差は、設定温度の±0.5で推移しています(^^)
それと、この機種の除湿(除湿弱)モードは、取説によると運転条件が屋外温度16℃以上となっているのもありがたいですね♪
しばらくは、除湿弱モードで、省エネ&温度振れを少なく管理したいと思います。
開花♪
春分の頃、皆様如何お過ごしでしょうか?
今週は暖かい日が続いてますね。


今朝、家を出る時に確認しましたが、我が家の桜も開花しました♪
咲き始めの数輪ですが、毎年のことながら、桜の花を眺めると春が来たことを実感できます(^^)


私は、3月の終わりと共に、慌ただしい仕事に別れを告げ…
4月になれば、少し余裕が出来る予定だったんですが、本業(サラリーマン)では、担当が増える事が確定しまして、変わらずの慌ただしさが続きそうです(T_T)

2013年-2014年の幼虫は、今のところ大きな変化はありません。
コクワが前蛹になっているのを数頭確認したのと、オオクワ♂が1頭暴れて交換したくらいです。
♂は先の記事とあわせて計3頭の暴れなので、去年よりも発生確率は低いですね。
ただ、♀が思いのほか暴れが多く出ています。5頭くらいになったかな?
予備ボトルもないので、一部は放置になっています(汗)

蛹化ステージへの進捗は、昨年と同じくらいかなと感じています。
ここまで来ると、早く蛹~羽化を見たいですよね(笑)


2014年度の種親達は、猛烈な勢いでゼリーを食べています!
個体差がありますが、早いものは2日で1個を平らげてますね。

23日より、ペアリング第一弾の♂3頭をクリアスライダーから、ペアリング用の小ケースへ移動させました。
よく言われている♂のテリトリーに慣らしてから、♀を同居する手順ですが、昨年まではあまり意識せずに、ペアリング直前に♂も♀も同居させていました。
今年は期待の♀も多いことから、少しでも失敗のリスクを回避するように、やれることはやってみようと考えています。

ということで、纏まらない近況報告記事でした(^^;;
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。