Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと♪
激動の2月が過ぎ、やっと一息つけるかと思いきや、またまた予定外の事態も起こり、仕事に追われまくっております
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

皆さんのブログにもまともに訪問すら出来ておりませんが、3月下旬には少し落ち着くことと思いますので、もう少し時間が必要なようです。

さて前回のエントリーで紹介いたしました共同補強個体の試し産卵ですが、こちらも難航いたしました^^;

2月6日から5日間ペアリングを行い、産卵セットに投入しましたが、♀は全く産む気配がありませんでした。

2月16日から再ペアリングを行い、2月20日より2度目の試し産卵セットへ!


しかし、数日様子を見るも、産んでいる気配が…

毎年繰り返される産卵下手から、我が産卵テクニックを改めて疑いかけた頃
(つくづく呆れてしまってますが)


撮影日:2016年2月27日

やっと~♪
産んでくれました(^^)


卵の状態を見守っておりましたが、昨晩の時点で膨らんできているのを確認しましたので、有精卵であることは間違いないようです。

来週からは、5日間サイクルで♀をとっかえひっかえで、ペアリングに励んでもらいます。

♂の動きもかなり活発になってきましたので、良い雰囲気ですね。


さて話題を変えまして、2015年度のブリードの状況です。

こちらも2月27日に温度MAXにもっていきました。
温度上げはじめてから、ここまでが長かったなぁ~
ホント、オオクワガタのブリードは、気の長い趣味ですよね(笑)

昨年までの推移であれば、昇温途中で幼虫の動きや暴れが発生するのですが、今年は今のところほとんど動きがありません?!

ちょっと温度が狙い値より下振れ傾向ですが、それにしても反応が鈍いような気がします。

暴れるのは困りますが、動きがないのは気になりますので、しばらくはボトルの状態をこまめにチェックするようにします。


最後に余談です。

今シーズンは、暖房をエアコンからオイルヒーターへ変更しております。
12月までは大きな差はありませんでしたが、1月以降、温度を上げはじめてからですね…

電気代が半端なく跳ね上がりました!!

妻の機嫌がすこぶる悪いです。
家庭での立場も、予断を許さない状況です(苦笑)

スポンサーサイト
冬温度へ
今年も残すところあと2週間ちょいになりました!

年内に片付けておきたい仕事やプライベート(家庭)やブリードは、無事に終えることができるのでしょうか?
毎年のことですが12月というだけで気忙しくなってしまいますね^^;


交換も終わりましたので、年内ブリードに関しては交換済みボトルの片付けと、早期羽化♀のフォロー、アプロ式超早期狙いの交換を数本残すのみとなりました!

早期羽化も10頭くらいは確認できましたので、2016年度ライン入りさせる♀のアタマ数は揃って来たようです。

アプロ式超早期羽化狙いは、♂の2本目はどのような温度帯で管理すれば良いのか?
ノープランで来ましたので、ここは成り行き任せで行くしかありません(苦笑)
♀は、間に合うのか??
やってる本人もかなり懐疑的な様相になって来ました。
まあ、予想するのはよそう!

来週には、ボトル洗浄まで全て終了させる計画なので、オオクワガタブリードは年内に概ね予定通り終了でしょう。

ブリード以外の事には…
アンタッチャブルでお願いします(苦笑)


さて表題の温度管理ですが、先週の土曜日(12月12日)に、一気に3℃下げまして冬温度へ移行させました。

例年は温度を下げる局面では1℃ずつ慎重に下げて行くやり方でしたが、キノコの発生確率を下げようと1日でぐいっと下げてみました。
まあ今年の冬は外気温が高いので、オイルヒーターの温度設定を3℃変えてもジリジリとしか下がらず、半日かかってなんとか3℃くらい下がった感じです。

言い換えると手抜き(゚o゚;;
温度上げるスケジュールから逆算すると、このタイミングで一気に行くしかありませんでした(苦笑)


加温(昇温)の方法も今シーズンは変更します。
冬温度を5週間感じさせて、1月16日(土)から週1℃のペースで上げて行きます。
じっくりといきます。
2月27日(土)に温度MAXに持っていき約1ヶ月間キープし、蛹化促進させます。

羽化は、4月中旬から下旬にピークを迎える計算です。最終が5月上旬のゴールデンウイーク明けを狙います。
幼虫期間は、10ヶ月~11ヶ月くらいになるでしょうか。

2016年度の幼虫投入開始は、5月20日~5月末を予定しているので、2015年度羽化個体の掘り出しも殆ど終えて、2016年度とはラップしないスケジュールです。


現在ブリードルーム内で気にかけていることは湿度です。
去年までのエアコン暖房からオイルヒーターへ変更して、どれくらい変わるのかということです。
去年は、湿度40%以上を維持するのに四苦八苦してましたから^^;

昨晩は、加湿用の濡れタオルを吊るしている環境で湿度が67%もありました。
ちょっと湿度が高過ぎる感じがしましたので、加湿を辞めて今朝確認しましたが、それでも64%もありました。

室外温度・湿度の影響やオイルヒーターがほとんど作動していないのも要因でしょうが、それにしても高過ぎる傾向ですね…
温度以上に湿度のコントロールは難しいように感じます。


最終ボトルからの暴れを少なくして、完品羽化率を上げることができるのでしょうか?

ブリーダーの管理次第ですので、これからはできるだけ邪魔をしないように心掛けてやって行きます(^^)
3本目 交換終了!
当初のスケジュールから3週間ほど前倒しして、2015年度通常ブリードの3本目への交換を全て終了しました^^;

飼育管理表を桑名産、能勢YGとも更新しました。

種親の能力、ブリーダーの技量、飼育環境。
先頭集団のブリーダーさんと比較すると、どれもが力不足だと感じさせられるシーズンでした。

ライン別の寸評は後日記載しますが、全般的な印象としては、アベレージがもう一歩二歩といったところです。

能勢YGの♂体重アベレージは、30.5gしか行きませんでした。
昨年よりは向上したものの、目標としていた32gには程遠い結果です…

35gUPも目標の15頭には届かず12頭で打ち止め。

あとは最終ボトルでミス無く羽化へ持って行くだけですが、羽化サイズの目標は、
87mm超えが1頭
86mm台が2頭
85mm台が3頭
アベレージは82mm台をと考えていましたが、ちょっと厳しいかな?

暴れからのサプライズ羽化は、インパクトはありますが2年続けても下手を露呈してしまうだけなので、今シーズンは、暴れさせずにビッグな個体羽化を恰好良く決めたいなぁ(笑)


早期 苦戦! 超早期 迷走?
11月に入りました。

短かったオフ月間の10月は、ホームでのオフ会連荘で乗り切り、怒涛の詰月に突入しました!
今月の詰め予定は、60ブロックです…
( ̄O ̄;)


当初、11月7日(土)から3本目の菌糸詰めを予定していましたが、菌糸のトラブルが発生することを予期して1週間前倒しで、一昨日の11月1日からスタートとなりました。

6ブロックしか詰めてないのに、腕が筋肉痛?!
ガラス瓶(L瓶/蜂蜜2000)に詰めるのに、ストロークが大きくなって無駄な力を入れてしまったようです。
懸念していた作業時間は、広口の1400mlボトルと大きな差は出ませんでした。
ボトルを割らないような気遣いは必要ですが、それほど作業効率を落とすことなく詰められそうです!



さて、タイトルのネタですが、ougo氏に励まされたので、「あーだこーだ」ととりとめのない内容を書いてみます(笑)


あーだ早期ですが、菌糸の不調からなのか?変な暴れが続出しています(大汗)

能勢YGを20頭早期羽化狙いで冷やし虫家に突っ込んでいますが、8頭も暴れています…

その内の1頭、
14番ライン 15NY14-08は、
早期セットの中では2番目の体重18.4g、頭幅も11.3mmありましたので、とても期待していたのですが、呆気なく☆になってしまいました(涙)

その他交換した幼虫は、軒並み2gから3gはダイエットしています。

体長も期待出来んだろうなぁ…

今のところ、桑名産の2頭と能勢YGで2頭、計4頭しか蛹室が確認できておりません。
少し反応が鈍い感じがします。

年内羽化が理想ですが、2016年度ブリードに少なくとも7~8頭はライン入りさせる構想ですので、どうしても欲しいラインは、しつこく粘ってみることにします^^;


こーだ超早期羽化狙いの幼虫も、1頭だけですが、冷やし虫家の中でこんな感じになってました^^;


LEVIN-G-SPの3次発菌ボトルです。お見苦しいボトルで失礼しますm(_ _)m

気付いた時点では、ボトル表面に一度顔を出した痕跡がありました。
小さくても暴れる…みたいですね^^;

暑過ぎたのかもしれませんが、このボトルは虫家から出して、飼育部屋の環境に慣らそうとしたところ、ボトル壁面で喰ってます。


下の方の食痕のところに居ます。

2令の喰いっぷりを見れる機会はそうそうありませんので、楽しく観察しています♪
迷走したのも♀親がアプロさんところの累代なので、血筋なのかもしれません?!

上手く行くと3令に加齢するところを見れるかと楽しみにしています(^^)
♀ならば超早期セットへ移行させることにします♪





う~ん、全く面白味の無いネタでした…
ポツリ







温度・菌糸・早期・超早期
備忘録がてら近況を綴っておきます。

一昨日の土曜日から寒波が来ましたね。
いよいよオイルヒーターがフル活動です。

今朝、出勤前に温度を確認すると、棚の上下では、2℃以上も温度差が生じていました^^;
サーキュレーターの風力を上げればマシになるのか?
今晩から調整してみます。


2本目の菌糸ボトルも、早いもので2ヶ月を経過し、最後尾のボトルも投入後1ヶ月となりましたので、全ボトルの状態を確認しました。

全てのボトルを蓋を開けて目視確認しましたので、数時間を要しました。

経過は、概ね良好でした。

予想外と言っていいのか、オオヒラタケ菌のWISHとLEVINからは、キノコの発生が皆無でした。
反面、神長きのこ園のボトルからは2,3本ですが、キノコの発生が見られました。
それも枯れかけたチョロっとしたのでしたので、ほとんど影響は無いと思います。

そして、今回一番気にしていた例の腐敗ボトルですが!
S3♀800mlの自詰めボトルから、1本だけ発生しました。
桑名産の♀で、ボトル自体は菌糸が少なくなり、異臭を放っていましたが、幼虫が暴れることなく佇んでいたので、放置です…
腐敗ボトル慣れを狙っておきます!!
というのは、嘘で後述する超早期用に800mlの予備ボトルを全て使用した為に、現在ストックが尽きてしまっただけなんですよね(苦笑)

全ボトルを確認して気付いた事は、ボトルの材質(PP・クリア・ガラス)や蓋と、菌糸銘柄の相性があるようですね。
やっと自分なりの答えが見つかりそうです(^^)

とても綺麗な状態のボトルがありましたので、1本だけ紹介させていただきます。


撮影日:2015年10月24日

菌糸を詰めたのが8月8日、2ヶ月半経過しています。
幼虫投入からも40日以上経ていますが、ボトル上面は雪のような美しさを保っています。

蓋は例のマツノさんの物では無く、中央に1センチくらいの穴が一つあるタイプですが、ガラス瓶との相性が抜群に良いみたいです。
菌糸銘柄は、あえて伏せましたが、すぐに分かってしまうでしょうね(笑)

こんなボトルばかりなら、幼虫が心地よく過ごせるのではないかと想像していますが、本当にデカくなっているのかは、開けて見るまではわかりません。


さて話題を変えまして早期羽化狙いの状況です。

今年は、桑名産2頭と能勢YGを20頭セレクトして、冷やし虫家に投入しました。
能勢YGの20頭というのは、正直なところ当たりといえるラインがありませんので、満遍なくほとんどのラインから選んでいます^^;

去年と同じくらいの時期ですが、9月30日から温度を上げ始めています。
3日に1℃のペースで、10月12日にピークの28℃まで上げました。

そろそろスイッチが入って蛹室を作り出しているのもいますが、暴れも出ています(汗)
更に深刻なのが、ボトル上面に顔出しているのが4頭ほどいました(大汗)
暑過ぎたんでしょうかね?

虫家から一時退去させて、落ち着く頃を見計らって再度虫家に投入してみます!

どうも去年よりも上手く行っていない感触ですので、早期羽化からの2016年度の親♀は、頭数が見込み難いですね^^;


最後に超早期羽化狙いについて。
今春羽化した♂86.1 × ♀52.5の幼虫ですが、1回目の割り出しの卵は全て孵化しまして25頭となりました。
保険として、2セット目を組んでいたのを放置してしまい、割り出しが遅れた影響からか、こちらも19頭が孵化しました。
全ての卵から孵化しまして、合計44頭の季節外れの爆産となりました(苦笑)

おかげさまでオクにて5名の方に22頭お譲りすることが出来ました。
発案者のアプロさんにも10頭を試していただく(押し付け?)ことになり、手元にはボトル在庫数の12頭を残しました。

この超早期狙いも、早期同様に虫家に全て突っ込みました!

早期と超早期合わせて34頭は、虫家には過密なのかもしれません。
しばらく様子を見て、不味いようであれば本数を減らすように調整してみます。
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。