Hear the dorcus sing
オオクワガタの飼育記録を公開します。能勢YG血統での超大型個体の作出と、三重県桑名産の大型血統作出を目指します。関西大鍬形研鑽会(KOK)会員。年間王座決定戦での優勝を秘かに狙っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完売御礼
前々回記事にてご案内いたしました、能勢YG早期羽化♀個体につきまして、当ブログに多数のご訪問をいただき、誠にありがとうございました。

数名の方から、お問い合わせをいただき、無事に全4頭完売となりました。

お問い合わせくださった方は、ブログ等での繋がりの無かった方がほとんどであったようで、予想に反して様々なブリーダーさんが当ブログにご訪問頂いている事実を知る機会にも恵まれました。
ご訪問いただいておりました事に、驚きと嬉しさを隠し切れません。

さらにはメールフォームからの連絡という形式を取らせていただきましたが、私自身も余程の事が無いと、他のブログでもメールフォームから連絡させていただくこともなく、なんとなく不安なお気持ちを抱えつつも思い切ってご連絡下さいましたことに、重ねてお礼申し上げます。

直接お問い合わせいだいた事に対しまして、当初はご満足いただける内容でのご提示が出来なかったと反省をし、条件の見直しとちょっとしたサービスを付けさせていただきました。
このサービスは、我ながら良いものであったと自負しております。
Hear the dorcus sing にご訪問いただき、直接お問い合わせいだいた方に、少しでもメリットを感じていただけたらとの思いからでした。

個体を評価いただき、桑名鷹を信用いただき、購入いただいた事は、とてもありがたい貴重な経験でありました。
本当に感謝申し上げます。


個体の適正な価格というものは、正直なところ難しいものです。
トップブリーダーさんの個体ならいざ知らず、私のようなレベルでは…

価格というものは、需要と供給、相場など様々な要素が影響しますが、オオクワガタの場合は、血統であったり、同腹の成績、ブリーダーの信用などが大きいですから。

今後も機会がございましたら、厳選した個体は、ブログを最優先にご紹介したいと思います。


さて、話題は変わりまして…

昨日でアラフォーと未練がましく別れを告げ、本日よりアラフィフの仲間入り果たしました。
アラフィフの桑名鷹も、引き続きご贔屓によろしくお願いします♪




スポンサーサイト
能勢YG 早期♀販売について
お問い合わせを頂いた方もおられますので、前回ご紹介いたしました♀個体の中から、譲渡可能な4頭をご紹介いたします。

選定に関しては、
1.同ラインにて複数頭羽化した個体。
(1頭は、自己ブリード用を予定しています)
2.同腹・近縁の♂幼虫の体重が優れている。
3.♀個体自体の体長・頭幅が良好であること。
を基準といたしました。


個体の画像は、前回記事をご参照下さい。


1.14NY17-03(♂85.1mm × ♀53.8mm)

847系 100%(アウトライン)
もはや説明不要な著名ブリーダーさんプロデュースラインです。
同腹♂は、当方では♂1頭で32.8gですが、親元では38.2gが出ています。


2.14NY12-06(♂85.7mm × ♀51.5mm)アプロ氏2014年8番ライン

♀親51.5mmは、Gull氏2012年2番ライン(87.3mm同腹)
同腹♂は、当方では30.9gが最大ですが、親元では最大39.1gが出ています。


3.14NY01-11(♂82.4mm × ♀52.5mm)

866系 50%、血は薄いですが866直孫個体となります。
同腹♂最大34.1gですが、里子先を含め、3頭の34g台が出ています。


4.14NY06-06(♂82.5mm × ♀50.0mm)

同腹♂最大32.4gと低調ですが、雌雄逆の血統組み合わせであるアプロ氏2014年3番(85.0×53.0)ラインでは、最大38.4gが出ています。


以上の4頭となります。

全頭 後食済、冷やし虫家に24℃前後で管理しています。


ご興味のお有りの方は、メールフォームにて、お問い合わせください。
尚、先着順でのお取引とさせていただきますので、売約済みの場合は、何卒ご了承下さい。
Copyright © 2017 Hear the dorcus sing. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。